“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン

“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン前回は4匹だけと轟沈した妻1号の八景沖LTアジ30匹チャレンジ2戦目。リールの持ち方だけ覚えてツ抜けしてくれればいいやくらいに考えていたが、さすがは北海道の師匠の娘である。突然「“待て”を覚えた女」に進化した。釣果は前回比575%と急成長。船中真ん中より上だったと思う。

“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン台風が来る前に午前船でサクッとLTアジ釣行。LTアジなら2人分の荷物を持ってもさほど重くはなく、愚策という名の余計な道具を山ほど持ちこむカワハギの荷物よりも軽い。家を出ると全くの無風。予報通り凪そうである。金沢八景・一之瀬丸に到着すると、午前LTアジの席札は離れた場所に2枚残っているだけだったが、2人で釣行する旨伝えてあったので釣り座を並びで確保してもらえていた。右舷の舳と2番目。舳は取り込みが難しいし立ちにくいので舳にへた釣り、2番目に妻1号。片舷12人くらいで桟橋を離れる。

■船釣りでは釣ったことがない豆アジで幕開け。ときどき大アジが混じる

“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン船は15分ほど走って八景沖のポイントに到着する。「底から2~3メートル」という指示。3メートルと言われたときはアジの反応が持ちあがっていることが多く、高活性化かもと期待したが……潮が流れていないのでタナが高めというだけだったみたい。仕掛け長さは2.1メートルなのでタナを2.5メートルに決める。底から1メートルで1撒き、もう1メートル上げて1撒き、50センチ素早く持ちあげて魚信を待つ。すぐに魚信はあったが、竿先をフルル、フルルと何度も震わせるだけでちっとも穂先をギュンと引き込まない。カタクチイワシかな? だとしたら仕掛けをグチャグチャにされて嫌だなと思いながら巻き上げると……極小魚信の正体は豆アジ。体調5センチくらいのアジが3本針に3つ。これ…釣果に数えていいの?

“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ンアジばかりというわけではなく、15センチ以下の小ぶりのアジがポツポツと釣れ始まる。妻1号もポツーン、ポツーンとアジを拾え、サイズを問わなければツ抜けは十分に狙えるペース。ダブルなども発生し飽きない程度に竿が曲がってくれるが、サイズがサイズなのでもっとバンバン釣れてほしいというのが正直なところ。あるいは大型が混ざって欲しい。バリバリ高活性には最後までならなかったが良型は忘れたころにやってきた。豆アジ、小アジに混じってときどきギュンと穂先を持って行く魚信があり、30センチ前後で体高があるナイスプロポーションのアジが釣れる。釣果報告にあった「小型か大アジ」という釣況通りの釣れ具合。
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン

■定石外のデカイソメにデカアジ。食いこませ方を覚えてペースアップ

“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン9時過ぎに妻1号が「地球を釣った」と騒ぎだす。根掛かりかなと目をやると重そうではあるがちゃんと巻けている。「巻けてるから魚だよ」と伝えると「今度はサバ!! サバ!」と騒がしい。横には走っていないのでサバっぽくはない。この魚が本日の最大サイズ33センチのアジだった。アジ釣りの定石を無視した長さのアオイソメに食ってきていた。機を見て「イソメを使うならもっと短く」と伝えなくてはと考えていたが、妻1号の頭にはデカいイソメにはデカいアジが来ると刷り込まれてしまった。もう是正は不可能である。9時30分ごろには目標であったツ抜けを達成。ここで最初のポイントは一段落してしまった。次の反応を求めて船は移動するがなかなか止まれない。妻1号は退屈したらしく寝始める。
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン

“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン30分ほど経って富岡寄りのポイントでようやくアジらしき群れが見つかる。時間的にはそろそろ最後のポイント。ここで妻1号が進化する。穂先がブルルと揺れると竿を勢いよく持ち上げるのが妻1号流。「それじゃ掛からないよ」とちょうど魚信があったので穂先が持っていかれるまで待つという釣り方を実演。それがたまたまダブルだったから、待った方が釣れると刷り込むことができた。本人いわく「“待て”を覚えた女」に進化しここからペースアップ。妻1号の本日の釣果はアジ21匹+豆アジ2匹。へた釣りはアジ29匹+豆アジ8匹。2人で50匹という目標はクリアしたが……。ムツ針9号の仕掛けも用意しておいた方がよい季節になってしまったのかも。妻1号が30匹を目指して再戦するかどうかは不明。



Twitter

2018年10月06日 17:05

« 今週末は妻1号八景沖LTアジ半日船30匹チャレンジ2戦目 | メイン | 頭からバリバリ。南蛮漬けはやはり小アジの方が美味いぞ »

最近の釣りに行った記事

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

著者: へた釣り