明日は用事で大阪。フィッシングマックスなんば店行きたい

明日は用事で大阪。フィッシングマックスなんば店行きたい実家に用があり明日から1泊で大阪に行く。スケジュールは詰まっているが、関西ならではの釣り具を探しに釣具屋に行ってみようと考えていたのだが大阪の市街地には意外と釣具屋が少ない。開店したてのフィッシングマックスなんば店が気になるが行ってる時間は取れそうにない。

明日は用事で大阪。フィッシングマックスなんば店行きたい東京には渋谷にも新宿にも神田にも日本橋にも池袋にも大型の釣具店があるので、大阪なら梅田や難波に大きな釣具屋がいくつかあるはずと思って探してみたら、難波の高島屋すぐ近くにフィッシングマックスなんば店がオープンしていた。9月14日に開店したばかりだ。関西の大型店舗に行ったことがないので、東京の釣具店では手に入りづらい面白い物がないか物色しに行きたいのだが…21時まで。夜は食事の約束があるので……無理か。翌日は11時から……これも難しそう。今回のホテルは梅田駅近く。梅田駅近辺だとルアー1BANというお店があったが、ルアー用品で関西ならではの物というのはあまり期待できないかな。次に大阪に用事があるときはホテルを難波に取ろうと決める。



Twitter

2018年09月20日 17:00

« かみやのカワハギは9/22~。デカアイビーズで仕掛け作り | メイン | 大阪の用事は母の喜寿お祝い。仕事溜まり今週は釣り無理 »

最近の気になる魚・物・話題の記事

カワハギ地獄の閻魔様独演会が金曜だった…行けるかな?
暑い時期の湾奥釣行には貧酸素水塊分布予測が必見かも
指の太い僕は常々思っていた。タチウオ指×本で不利やん
イサキがビシに近い針、遠い針で釣れるときの条件は何?
ソウダ大漁で自信ついたから今年はカツオやってみようかな
台風10号のうねりでシマアジ中止。イサキ行って大丈夫?
釧路・繁栄丸の正体不明な魚はキツネメバルでいいのかな
本日52歳最後の日。誕生祝いは筋トレのキットが欲しいかも
妻と子供は一足先に北海道へ。そしてアオゾイ始まった?
今年は北海道根魚五目を2戦。3人分の釣り具の荷造りだ
台風で悩むのやめ。日曜に船が出るなら行く中止なら泣く
うろこせんべいが美味しかったからカンパチ釣りたいよぉお
今週末はイサキで動画2弾。釣れるかより撮れるかで悶々
車椅子で乗れる乗合船があることを知ってすごく嬉しくなる
明日から大阪。紅葉鯛のシーズンにはなんとしても明石へ!!
白間津のシマアジリベンジ!! 小さくてもいいから今度こそ!
リールを巻くときは騒ぐ!? 動画撮影&編集のあれこれメモ
ブログ初投稿はカイワリだった。動画初配信もカイワリに!!
蒸し暑い!! 熱中症対策に極冷白黒クマさんスプレーを購入
夏休み直前の凪の三連休舐めてた。一之瀬丸イサキ満船
頭、腕などいろいろ試してGo Proは胸のやや右寄りに装着
梅雨時は農作物の育ちが悪いほど魚は元気になるのかも
アルファタックルの船竿・フィールドモニターに応募しよかな
愛機スティーレより軽い!! ダイワのADMIRAが気になるぞ
YouTuberになるならんはおいといて動画配信やる気すっよ
ヤリイカ&北海道五目のイタズラ竿にグラスラム135Hどう?
「釣りスギ四平」という釣りYouTuberにすっかりハマってるよ
平日、雨の日参考記録だが一之瀬丸でもイサキ束超え出た
年に数度の白米の日。アナゴ丼はやっぱり最高にうめぇえ!!
予報見て仰天。明日のタチアジ無理なので…本日夜アナゴ
この時期、マダイよりチダイの方が美味しいような気がする
治久丸サイトダウンで釣楽でポイントもらえることに気付く
タチウオ釣りは麻雀の何を切るに似てる? 定石と奇手
カイワリの開き…「ぬふふふふ」なお味にはならず。残念だ
今週末はタチウオ。あ行しか喋れないアホな子になってくる
釣行前日もカイワリ好調。「へたさん来たら釣れない」悪夢が
マゴチって産卵(釣れない時期)始まった? まだ大丈夫?
イサキもタチウオもマダコまで絶好調でカマスも始まったとさ
絶好調ではないが宇佐美沖のカイワリ五目は好調をキープ
父の日にTHE NORTH FACEのラッシュガードをもらえたよ
俺が行く前に終わってしまうのだろうがカイワリが絶好調だ
イサキ2戦でハリス切れ2回、針伸び1回。どう対処するの?
釣行日は他の船の釣果は見ないというルール破ってトホホ
イサキ、アナゴ、イワシ…「梅雨の水を飲む魚」というらしい
土曜は時化で×。日曜なら…イサキ? カイワリ? LTアジ?
ヘリソプスレインシューズはお店のツルツル床にとても弱い
宇佐美でカイワリに混じってヒメダイ。ウィリーに反応いい?
かみやメバル大会サイトにへた釣りの写真…でも、行けないの
潮澄んで剣崎沖イサキ初日は不調。洲の崎用に電動かな
一之瀬丸イサキは釣況次第で沖の瀬への遠征ありみたい

著者: へた釣り