日常生活に支障はないのだが…船上は“日常”じゃないよね

日常生活に支障はないのだが…船上は“日常”じゃないよね軽い痛みは残っているものの足の指はほぼ治り日常生活に支障はない。1日5000歩以上をノルマにしている散歩にも行けている。座ってでも釣れるメバル釣りなら大丈夫だろうと思っていたのだが……体重が乗る個所を制御しにくい布団の上を歩くと激痛!! 揺れる船上は“日常”じゃない。

いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…最後に釣りに行ったのは5月6日なのでもう2週間も釣りに行けていない。ストレスがすさまじいので大時化でも船が出るなら行くと決めていた。足の指はほぼ痛みも治まり、散歩も階段の上り下りも問題ない。足が痛くなったら座ってでも釣りにはなるメバル釣りで久しぶりの釣行をしようと考えていたのだが……。朝、油断した。柔らかい布団の上を歩くと、布団が思ったよりも沈んで体重が痛めている小指にかかってしまった。激痛!! 治りかけてはいたが治ってはいなかった。痛みはすぐに治まったものの……揺れる船の上で不意に小指に体重が乗ってしまったらと考えると無理しちゃまずいかという結論に。今週末も釣りはお休み。



Twitter

2018年05月19日 17:00

« こういうの大事だよね。学研の図鑑LIVEポケットasobi「つり」 | メイン | 釣り行けなくて暇だから電動リール分解映像最後まで見た »

最近の気になる魚・物・話題の記事

一之瀬丸イサキ船まさかの満船で明日はあさなぎ丸に浮気
ヤヴァい。カワハギオモリの上にタコスッテ付けちゃおかな
カワハギ釣りの余計なお遊びに「タコ寄せライト」どうだろ?
剣崎沖イサキ早くも束超え報告もあり6月最多記録狙える?
たまり醤油でコクを出す。妻のメバルの煮付けが進化してた
無策・無欲でメバル釣り大会。6月にして今年大会初参加だ
5年愛用した高級ハサミを捨て勇者印100円のハサミを買う
食っても食ってもカイワリなくならねぇ~。完全に目測誤った
釧路沖ソウハチ船のゲストにサクラマス多数!? 行きてぇ!!
今季1回しかやってないメバルの大会に出るか激しく悩み中
伊豆のアカムツとイサキは誘うと釣れないって本当なのか?
今週末は勇者様とアカムツ→カイワリのダブルヘッダーへ
サングラス・オン・偏光グラスは失敗。レンズ外して変な人
安旨白泡と旬のイサキのカルパッチョでし~あ~わ~せ~
6月の剣崎イサキはオキアミがないと歯が立たないことが…
むしゃくしゃするから1万円のデッキサンダルを買ったった!
2018年の剣崎沖イサキは良型混じりでまずまずなスタート
夏グローブとシャクリダコ防止サポーターでイサキ準備完了
宇佐美で尺カイワリが釣れてる。イサキの次はカイワリだね
4週ぶりの釣りは剣崎沖イサキ。今年もチョロいか痺れるか
ダイソーのオーバーサングラスは偏光グラスの上にかな?
釣りに行かない釣りブログ4週目に突入。異世界に行きたい
船上で包丁使えない。「キッチンシザース」はどうだろうか?
いか~~~~~ん!! 万策尽きた。怪我のせいではなく…
今週末も釣りに行けなかったら…俺の頭は万策尽きるかも
タチウオ釣りで瓶ビール飲んだりクルミ割る人は俺に言って
「キャタリナ IC」って夏タチウオにも最高なのではないかと
mazumeのデッキサンダルが格好よいのだが…1万円かぁ~
釣り行けなくて暇だから電動リール分解映像最後まで見た
日常生活に支障はないのだが…船上は“日常”じゃないよね
こういうの大事だよね。学研の図鑑LIVEポケットasobi「つり」
夏の夜中にあご出汁1年分をすくいに行くってステキかも…
8cm地エビで尺メバル狙い。成否不明だが笑ってはもらえる
ウィリー好きなのでハヤブサ「発光プランクトン 」が気になる
カストキングのリールがアベンジャーズな感じで気になるぞ
タチウオを締めるには目の後をギュッと挟む脳締めが早い
体調不良のせいで前年比で釣行回数4回減、釣果は6割減
足の痛みひかず今週末は釣り断念。イサキの準備をするか
夜中に階段でこけて小指が…歩けないので釣りもできない
30センチ超えのサヨリが東京湾に。船では釣れないのかな?
夏になると眼球がジンジン。オーバーサングラスを108円で
アナゴの特餌はボケジャコ!? 勇竿釣具店経由かみや行き
GW中にLTアジは鬼門と承知してるが明日午前に緊急出撃
やっぱアナゴ丼最高♪ またかみやに5匹もらいに行くしか…
小雨でもいい!! GW釣りなしは耐えられないのでアナゴ行く
GW後半の風予報にむむむっ!! 今夜アナゴにと思い立つも
宇佐美でボウズ。心折れてGW後半の予定はリセットして…
カマスってまだいるのかな? 1時間早く着くので準備だけ
GW初戦29日に宇佐美遠征カイワリ五目。後半は予報次第
ウィリー五目のアミエビに濁りを足すチヌ用配合餌は効く!?

著者: へた釣り