日常生活に支障はないのだが…船上は“日常”じゃないよね

日常生活に支障はないのだが…船上は“日常”じゃないよね軽い痛みは残っているものの足の指はほぼ治り日常生活に支障はない。1日5000歩以上をノルマにしている散歩にも行けている。座ってでも釣れるメバル釣りなら大丈夫だろうと思っていたのだが……体重が乗る個所を制御しにくい布団の上を歩くと激痛!! 揺れる船上は“日常”じゃない。

いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…最後に釣りに行ったのは5月6日なのでもう2週間も釣りに行けていない。ストレスがすさまじいので大時化でも船が出るなら行くと決めていた。足の指はほぼ痛みも治まり、散歩も階段の上り下りも問題ない。足が痛くなったら座ってでも釣りにはなるメバル釣りで久しぶりの釣行をしようと考えていたのだが……。朝、油断した。柔らかい布団の上を歩くと、布団が思ったよりも沈んで体重が痛めている小指にかかってしまった。激痛!! 治りかけてはいたが治ってはいなかった。痛みはすぐに治まったものの……揺れる船の上で不意に小指に体重が乗ってしまったらと考えると無理しちゃまずいかという結論に。今週末も釣りはお休み。



Twitter

2018年05月19日 17:00

« こういうの大事だよね。学研の図鑑LIVEポケットasobi「つり」 | メイン | 釣り行けなくて暇だから電動リール分解映像最後まで見た »

最近の気になる魚・物・話題の記事

ゲリラ豪雨も神立(カンダチ)って言い換えると情緒あるよね
実績のピカピカと五島の石のラトル音でカワハギを悩殺する
今季ソウダガツオがショート仕掛けでかわせないのは何故
9月は120㎝超対象のドラゴンタチウオダービー狙ってみる
「照り込みの濁り」で午後はマゴチの活性が上がると教わる
やっぱりホッケの干物とアオゾイの味噌漬けは最高だったよ
猛暑なので午前タチウオで午後は様子を見てに惹かれるよ
フォースマスター600DHが滅茶苦茶欲しくて我慢できないぞ
好き者にして痴れ者が北海道の疲れを物ともせず二束狙う
シャチジャンプ、カモメ殴られ、マンボウゆらり、ラーメン美味
ガンズはナガガジ。キュウリウオの干物は…。カジカは混乱中
空騒ぎしないようシシャモ、キュウリウオ、チカの見分け方
なんだよ、これ!!! 北海道遠征なのに台風が2つもあるやん
イサキ二束超え条件は潮回りが小さくて雨の日ってことかな
イサキ行きたいのに仕掛け作り間に合わない。タチウオかな
今年はアオゾイ釣れてるっぽい。下手でも1匹くらいは……
「極鋭EX AGSボトム」と「メタリアM175」「寄せ魂」気になる
シトロエンの乗り物酔いしない眼鏡と魚が大きくなるメジャー
お外に出たくないレベルであぢぃいいい。夜釣りにしよかな
熱中症厳重警戒。シャツミストと極冷ふくだけシャワー買う
富津沖の激浅タチウオ始まる。心が病む釣りだけど面白い
ナチュラム祭でMYタモを。カワハギ変人仲間入りしちゃう!?
仕掛けの整理&ストックは108円43枚入りのストックバッグで
今週末までに釣り尽くされそうな勢いで剣崎イサキ大爆発
タチウオ指4本は炙り刺し、指3本は変わり揚げ、指2本は…
水潮の濁りがいい方に働くと信じて明日はタチアジ開幕戦!!
雨続きで「水潮」って何のこと? 二枚潮になりやすいの?
えええええ~~~~。「ピカイチくん」が音付きに進化した?
日曜凪と喜んだら松輪のお祭りで剣崎イサキは船止めやん
イサキってジギングでも釣れるのか…大きいのが釣れそう
LTアジで釣り座の不利をカバーするコマセワークを夢想す
へた13匹で竿頭50匹。ブドウ虫がアジの特エサになるらしい
連日の南風強風に海の様子が??? 軽くアジにしとくか
ハイシーズンには品薄。がまかつタチウオ針買っとかないと
今年は釧路港で40upのクロソイをルアーで狙ってみたろか
カゴカマスの干物が大成功。本カマスよりも旨いかもよぉ~
最近お気に入りの船上飯は花畑牧場「生カマンベール」だ
ウメイロの刺身が脂乗って甘くて絶品。イサキの裏本命かも
一之瀬丸イサキ船まさかの満船で明日はあさなぎ丸に浮気
ヤヴァい。カワハギオモリの上にタコスッテ付けちゃおかな
カワハギ釣りの余計なお遊びに「タコ寄せライト」どうだろ?
剣崎沖イサキ早くも束超え報告もあり6月最多記録狙える?
たまり醤油でコクを出す。妻のメバルの煮付けが進化してた
無策・無欲でメバル釣り大会。6月にして今年大会初参加だ
5年愛用した高級ハサミを捨て勇者印100円のハサミを買う
食っても食ってもカイワリなくならねぇ~。完全に目測誤った
釧路沖ソウハチ船のゲストにサクラマス多数!? 行きてぇ!!
今季1回しかやってないメバルの大会に出るか激しく悩み中
伊豆のアカムツとイサキは誘うと釣れないって本当なのか?
今週末は勇者様とアカムツ→カイワリのダブルヘッダーへ

著者: へた釣り