こういうの大事だよね。学研の図鑑LIVEポケットasobi「つり」

こういうの大事だよね。学研の図鑑LIVEポケットasobi「つり」学研の図鑑LIVEポケットasobiシリーズ1巻目の「自然観察」でも釣りが少し扱われていたが、2巻目は「つり」。釣りを通じて水辺の自然を観察し、釣りの基礎知識だけでなく罠や網での魚の捕まえ方まで紹介されている。子供が自然の中で遊びことに関心を持つ。こういうの大事だよね。

こういうの大事だよね。学研の図鑑LIVEポケットasobi「つり」

「魚を釣ってみたい!」そんな気持ちをもつ全ての子どもに読んでほしいがコンセプトで、道具のそろえかたや糸の結び方などに始まり、最初の一匹を釣る方法が掲載されている。大人向けの釣りの入門書は何冊か出ているがそれの子供版で、学研の図鑑なので親に買ってとねだりやすい。「魚が釣れないときのヒントも盛りだくさん」とのことなのでどんなこと書いてあるんだろうといい大人が興味をひかれる。釣り上げた後の保管から、簡単な捌きかたや調理法、約70種掲載の釣魚図鑑で128ページ。こういうの大事だよね。学研の図鑑LIVEポケットasobi「つり」



Twitter

2018年05月18日 17:00

« 夏の夜中にあご出汁1年分をすくいに行くってステキかも… | メイン | 日常生活に支障はないのだが…船上は“日常”じゃないよね »

最近の気になる魚・物・話題の記事

ダイ三元で高級刺し盛りの野望は果たされた。イシダイ別格
血まみれリールの惨事を繰り返さない仕掛け投入法を学ぶ
カイワリ、アマダイにマダイ針を検討。どれがいいのかな?
アジ釣りはアミコマセとイワシミンチどっちが釣れるんだろう
一之瀬丸マダイ五目船で「イシダイもぽちぽち」信じて行くか
五島より竹岡ハギに負けるなというエールとともにSP炸裂!!
松笠揚げってお願いしたのにウロコ取っちゃった、てへぺろ
痛恨のが2回あり!! 丸海津針はチヌ針よりもバレやすい?
イシダイ釣りてぇ!!と調べていたら松輪出船の船で釣れてる
OH甘鯛が買えたので今週末にアマダイシーズン開幕させる
穴釣り専用のエッグショット&エッグアームめっちゃ楽しそう
オーナーのオキアミが外れない針を買えたらアマダイに行く
宇佐美でヒラメのゲストにオニオコゼ? めっちゃ釣りたい
クロダイ、金アジ、〆トロサバの三種盛り。クロダイは皮まで
クロダイが釣れた日のお楽しみは頭肉が絶品の潮汁だよね
妻1号用アミ五目タックルを急あつらえに見えないレベルで
三連休初日の一之瀬丸アミ五目午前3隻、午後は2隻って…
ヤマシタの「甘鯛」用クッションがカイワリ五目にもいい気が
今季もカワハギ釣りの締めくくりは一之瀬丸感謝デー大会
乗船4人で5~10って…今週末はカワハギ魔の2日間の予感
TKBは晴天凪予報、かみや大会は強風時々雨。釣り方確認
かみやのヤリイカは11/24。アジ30匹チャレンジの先約が…
誘わず寄せる「SP炸裂」着弾!! TKBに死角なし(※腕以外)
17日・18日の大会2連荘に向けてハギポンヌーヴォー2018
ヤリイカ釣りの準備完了。高いツノはやっぱり光る気がする
魚の臭いが劇的に落ちるらしいNZ産マイ石鹸を買ってみた
TKBは伝寿丸から。今年こそ平和島上陸の野望を果たすぞ
仕掛けが漂い落ちオニカサゴを魅了「ハイブリッド天秤 ONI」
宇佐美沖刺し盛り5点盛り!! 高級居酒屋さんを凌駕したかも
ヤリイカの仕掛け。四番バッターと控えの違いって何なん?
ワンコインヤリイカ仕掛け、紫外線反応集魚オモリをゲット
上州屋・渋谷店の閉店に伴い、必要な物がそろうかリストを
豪華刺し盛りチャレンジ…大津・いなの丸のアジも気になる
豪華刺し盛り…八景沖は諦めて宇佐美にプチ遠征しよかな
運が悪いだけとは考えない。アミ五目で高級魚不在の理由
ワラサ満席で明日はイシダイ、イナダ狙って午後アミ五目へ
キャストに不安。子供でも簡単な「アブマチック」気になるぞ
八景沖にイナダ! ワラサかアミ五目か妄想刺し盛り対決
釣れてるみたいだから7年ぶりにワラサやってみようかなぁ
2018年竹岡沖カワハギはつらいの? 竿頭でツ抜けしない
フィッシングマックス難波でライトチョクリ、黄アジ、ボッコボコ
年に何度か金曜に大阪に行くので関西釣行プラン考えよう
ウィリーにはチヌ針の大きさにマッチするオキアミがいいぞ
イイダコ束超えで釣れてる。ヤリイカの前にこっちからかな
ワームまっすぐ付けられて釣れそうUK JIGHEAD気になる
10メートルまでは釣り日和らしいが…凪そうな午後アミ五目
あらら…今週末はもしかして時化?? 日曜の午後なら?
カイワリ20匹超えかぁ~潮緩んだのは大潮→中潮だから?
「ラトリン・ボム」なるカワハギ用のオモリどこで買えるんだろ
秋の脂ノリノリお刺身は九州産の甘いさしみ醤油と相性よし

著者: へた釣り