サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪

サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪東京湾奥で最高の干物、カマスをゲット!を目標に参加したかみやフィッシングクラブ(KFC)のサビキアジ→カマスリレー。サビキアジはほぼ1年ぶりだが高活性な小アジの群れを相手に入れ食いを楽しむ。肝心のカマスは釣り方が分からず大苦戦。ラスト10分でなんとか1匹ゲット!!

サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪KFCのサビキアジ昨年に続いて2度目。昨年はあまりいいアジの群れに当たらず、釣っても釣ってもカタクチイワシばかりで、アジは15匹くらいとどうにもならなかった。それに懲りて今年のサビキアジ船は参加者少ないんじゃないの?と思っていたらとんでもない。片舷11人ずつと満員御礼での出船となった。道具は昨年と同じで、小アジの食い込みを弾かないように胴調子のメバル竿。長さが2.7メートルあるので15本針仕掛けのサビキを扱いやすい。
サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪

■昨年とは雲泥の活性にコイノボリ連発で小アジの束釣り達成だ

サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪船長はしゃちょう船長だとばかり思っていたらデカッw船長だった。「東側が釣れてるらしいので40分ほど走ります」と桟橋を離れる。少し風があり、船がグラグラするので速度控えめでの航行。着いたのは木更津沖だった。仕掛けを振り込み、オモリが底に着いたら1回、2回鋭く小さくシャクって少量のコマセを撒く。底べったりのタナで待っていると、プルルという小アジの魚信がある。15本針なのですぐには巻き上げず。しばらく粘ってなるべく多くのアジを付ける。まずは3匹だった。カタクチイワシも少々混じりながらこのポイントでは1時間ほどで18匹。鈴なりコイノボリではないので束ペースにはほど遠いが、昨年の釣果を…ということはサビキアジの自己最多を超えた♪
サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪

サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪木更津沖で反応がなくなってから群れを探してしばらくクルージング。なかなか止まれない。航路のブイの周りなどを攻めてみる。ポツポツとは釣れるが…富津沖のポイントでいきなりいい群れに当たった。針数の半分くらいのコイノボリをまずは達成。サイズは中小混じり(大も船中混じったがへた釣りには釣れず)で、大きいのは20センチ強、小さいのは5センチ。10センチ以下のはリリースしつつも針数半分以上を何度か達成できて束釣り達成。サイズがサイズなので束でもクーラーに余裕がある。魚の取り込みが上手になればもっと釣れるのだが、取り込み時にバラシまくった。1年後までサビキアジの予定はないので、来年もきっと同じようにバラシまくる。
サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪

■カマスは先着数名様限定? 沖上がり10分前にようやくスレでwww

サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪11時30分で釣り物がアジからカマスに変更になる。「横浜沖でLTアジ船でカマスが1匹釣れた」という無線が入ったようで、まずは大黒埠頭沖辺りで釣り開始となる。コマセカゴを外して、カマス用のフラッシャーサビキを付ける。ルアーにも反応するフィッシュイーターなので、鋭く小さくシャクるような誘いを入れながら、底から3メートルくらいを探ったが、何も起きない。船は少しずつ北上し、川崎のシーバースを経て、羽田沖に至る。羽田沖でカマスなんているの?と思ったがどうやらここが本命のポイントであったようだ。しゃちょう船長が魚の放流のときにお遊びでサビキを入れるとすぐにカマスが2匹釣れたのはこの辺りでのことだったらしい。
サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪

サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪船中、カマスが上がったとのアナウンスがある。艫寄りの同じ人ばかりが釣っている。あまり激しく誘っている風ではなかったので、真似してスローな誘いにしてみる。アジやサバはときどき釣れるがカマスは釣れない。ポイントを転々としていると、ある傾向に気付く。ポイント移動後の一投目でだけカマスが釣れることが多い。サビキの仕掛けやオモリが頭上からいっぱい降ってきてカマスはビックリして逃げちゃうんだろうか? しゃちょう船長の「サビキを入れるとすぐに」とも合致する。ポイント移動後投入合図に出遅れないようにしていると、アジやサバとは異なる未知なる魚信。これはカマスだろっ!! 嬉々としてリールを巻くが水面に見えたシルエットはカマスよりも明らかに太い。セイゴだった。

サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪沖上がりの時間が近付いている。カマスはボウズかなぁ~とほぼ諦めていた。仕掛けを投入し、オモリが着底する前に、なんだか竿先に違和感。食い上げているような、横にも走るような…でも、サバほどの重量感はない。巻き上げると水面に姿を現したのは、待望の紡錘形のシルエット。ただし、魚の向きがなんだかおかしい。尻尾へのスレ掛かりだった。スレでもなんでもいい。終了10分前に本命のカマスを手にする。サイズは25センチに満たないが、干物にして食べる予定♪



Twitter

2016年10月10日 20:13

« 釣らぬカマスの干物算用? 片袖開きで美味しそうに干す | メイン | カマスの干物製造中♪ 本カマスと水カマスの見分け方メモ »

最近の釣りに行った記事

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

著者: へた釣り