このうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいした

このうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいしたうらみを晴らすために釣行するなんて心持ちが間違えてるってことなんだろう。イサキならなんとかなると思っていたら、大惨敗。凹んでない。ここまで連続してダメダメな釣りが続くと、自分のヘタクソさ加減に唖然とするだけ。イサキは15匹のみ。作戦がことごとく上手くいかなかった。

このうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいした昨日の金沢八景・一之瀬丸の釣果を見てアチャ~っとなった。竿頭が束超えの139匹。イサキの活性がよさそうなのは喜ばしいことであるが、こんな釣果がでちゃうと釣り人の活性まで上がっちゃうのである。船宿に着いて釣り座のボードを確認すると。左舷の胴に3席空いているのみ。そのうちの1枚を取る。前から4番目の席だ。左舷は11人。既に席札がなくなっていた右舷は9人なのだから、一之瀬丸の釣り座システムはよく分からないことがときどき起きる。釣り座の間隔はちょっと窮屈な感じで、オマツリに苦しみそう。

■オマツリに倦んで仕掛けを短くしたのがミス。魚信がほぼなくなる

このうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいした剣崎沖のイサキ船団はいつもより少なめ? タチウオ船団を見てしまったので少ないように見えただけかな? 入れ食いペースで釣れている風ではないが、ポツリポツリと魚が取り込まれているのは見える。目標に89匹足らず…釣行のときに比べれば、なんとかなりそうな雰囲気。指示タナ18メートルから12メートルくらいで釣り開始。まずは2.6メートルのノーマル仕掛けで釣り始める。速めのシャクリから徐々にペースダウンしていって魚信が出るシャクリ幅とスピードを見つけようとしたのだが、潮が速いせいもあり、魚信が出る前にオマツリが発生してどうにも釣りにくい。ソウダガツオまで回ってくると、完全にお手上げだ。

このうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいしたオマツリを少しでも減らそうと、仕掛けをショート(2.2メートル)に変える。今思えばこれが完全なミスだった。それでもオマツリしない分じっくりタナを探れて9時ちょうどにようやく1匹目のイサキ。その後、またもしばらく沈黙することになる。船長からは「船中、何匹かイサキが上がった」とのアナウンスがあり、舳の人が釣っているのも確認できているのだが……へた釣りのウィリーには魚信どころか、魚が触れてくる感触すらない。11時過ぎにようやく2匹目。一番下の針に食ってきた。もしかして仕掛け長を短くしたのが失敗?とようやく気付く。

■タナで待つはウィリーらしくない。一発逆転大物狙いは不発

このうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいした仕掛けを2.6メートルに戻すと、間が空いてではあるが魚信が出るようになった。釣れている人の竿の動きを確認すると、シャクったら20秒~30秒くらいそのタナでじっと待っていた。その方が釣れるらしいということに気付いても真似するかというと真似はしない…というかできない。LTアジでも無駄に竿を動かしまくる多動性中年なので、ウィリーなのに何十秒も止めて待つなんて釣り方したくない。釣れているタナは指示ダナの低めみたいだったので、上限まで誘って大物狙いと考えたのだが……そんな一発逆転狙いなんて上手くいくはずがない。唯一訪れたオッ!!という魚信は30センチくらいのメジナだった。イサキは25センチに届かず。

このうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいしたその後少し南下して40メートルくらいのポイントも攻めてみたがパッとせず。よほど食いしん坊のイサキが忘れたころに釣れてくるという感じで、へた釣りの個人的な感想では活性が高いと感じる群れには最後まであたらなかった。そのまま何も起きずに沖上がり。瀧本船長が釣果を聞きにきたので「10匹くらい」と答えると「そんなわけないでしょ!!」とツッコまれる。魚信が連続する時間がほとんどなく、しかも追い食いもなしで単発での取り込みだったので本当に10匹くらいと思っていたが、数えると15匹いた。10匹でも15匹でも撃沈したのは変わらない。これで5釣行連続で不満の残る内容。自分が下手だってことを再確認できたので、むしろ清々しい気分……な、わけねぇだろっ!!!!!!!
このうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいしたこのうらみ…どうでもいいや。イサキも撃沈しせいせいした



Twitter

2016年07月23日 20:20

« このうらみはらさで釣行最終戦はイサキ。勝敗ラインは25匹 | メイン | 今年も船は全3戦。北海道に釣り具のお引っ越し大作戦だ »

最近の釣りに行った記事

俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!

著者: へた釣り