座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ

座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ北海道遠征なのに2日連続の出船中止でたまりにたまった欲求不満を一気に解消した。標津沖での小突きカレイ釣り。今回の野望はまごうことなき座布団サイズ(50up)を仕留めること。果たして……47センチでドラグが滑りまずまず満足。続いて暴力的な引きに翻弄されて52センチをゲット!!

座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ今年も北海道の師匠杯が開催された。カレイ1匹の全長勝負なので誰にでもチャンスがある一方でカジカや手のひらサイズのソウハチカレイをいかにかわすかというテクニカルな一面も。標津港の日陽丸から出撃する。お世話になるのは今年で三度目。冬は猟師さんで夏は漁師さんをしているという船長は少しとっつきにくいが慣れてくるといい人で、子供たちに1匹でも多く釣ってもらおうと手取り足取り熱血指導をしてくれたり、デッカイのを狙っているのならと、普段はあまり行っていない遠くのポイントまで行ってくれたりとサービス精神旺盛な船長さんだ。

■豪雨そして雷雨で今日もか…と思ったが標津沖カレイは高活性!!

座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ出船は7時の予定だったが釧路を出る時点で小雨模様。中標津が近づいてくるとこんな雨の中釣りができるの?と不安になるほどの大雨に。ワイパーを最速で動かしても視界が悪く、スピードを出せない。標津港に着いたのは7時を少し回っていた。慌てて荷物を船に積み込んで出船となる。雨脚は弱まる気配はなく、子供たちの分まで含めて3本分のタックルの準備がはかどらない。ポイントに到着する直前になんとか準備を完了し、釣り開始となると今度は雷が鳴り始める。「大丈夫?」と船長に確認すると「大丈夫でしょ」とのこと。稲光と雷鳴の間隔を数えるとさほど近いわけではないようなので、釣りを継続する。
座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ

座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ標津沖のカレイは一昨年、昨年に比べるとかなり活性が高かったようで、釣り始めてすぐに子供1号の「来たぁ!!」といううれしそうな声が背後で聞こえる。25センチくらいのクロガシラだった。へた釣りの竿にも程なくしてカレイらしいシャープな魚信。オモリを底から離すと針掛かりしなかったので、少し送って強い引き込みになるのを待って聞きあげるとなかなかの重量感。25センチくらいのカレイのダブルだった。入れ食いとは言わないが結構な頻度で魚信はあり、ダブル混じりでその後も釣れ続ける。少し出遅れていた子供2号の竿がいいしなりをする。32センチでこの時点では大物賞の暫定首位。
座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ

■47センチで「まだまだぁ」。52センチでやっと「満足」な座布団カレイ

座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ子供2号に「優勝するんじゃない?」と言うとうれしそうな顔で釣りに集中していた。子供1号は「どうして私には小さいのばかり」と悩んでいたが、そういう悩みが釣り上達のきっかけになることが多いのでいい傾向だ。40センチのカレイが上がったと北海道の師匠からの報告を受ける。子供2号は首位陥落となったが、魚信が多いのが楽しいらしく最後まで集中力を切らさずに釣っていた。子供1号は型こそ30センチくらいまでと恵まれなかったが上手に魚信を出して、いい確率で針掛かりに持ち込めていた。数なら船中上位だったように思う。
座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ

座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜへた釣りはというと、ロシアとの国境付近の型狙いのポイントに移動してから気合が入る。速く小突いてカジカをかわし、少しずつ速度を落としてカレイが食いついてくる速度を探る。カレイらしき魚信があったら少し送ってじっくり食い込ませて竿先が大きく引き込まれるのを待つというのがこの日のパターンだった。送った竿を持ち上げで聞こうとすると根掛かり?な感触がある。魚を底から引き離すのに成功すると断続的に激しく抵抗し、時にドラグが滑る。海面に姿を現したのは座布団と言って差し支えないサイズ。計測してみると47センチだった。ただし船長には「まだまだぁ~」と更なる1尾を狙うように発破をかけられる。

座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ47センチのカレイは自己最大なのでこの時点で十分に満足していたのだが……小突いている最中に竿をひったくっていくような魚信がある。今度も少し送って針掛かりを狙うとなんだか暴力的な引き。マゴチのようにドッタンバッタン暴れるのではなく、無抵抗を装って油断していると急に竿を下げないといなせないような強烈な引き込み。ドラグは滑りまくり糸を何度か引き出される。52センチのクロガシラだった。船長いわく「それなら満足サイズ!!」。もちろん自己最大サイズを更新できた。北海道の師匠杯は空気を読まずに……。
座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ座布団きたよ~!! 52センチのクロガシラカレイをゲットだぜ



Twitter

2016年07月31日 17:55

« 今日も… (´;ω;`)ブワッ 毛ガニ掴みとテレクラに癒される? | メイン | 最後まで雨。オショロ&ニジマスと戯れて北海道を締めくくる »

最近の釣りに行った記事

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

著者: へた釣り