なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了

なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了竿にも慣れてきたしそろそろ照準をTKB44予選突破に絞って練習しないとなぁと羽田・かみやから今季4戦目のカワハギ釣行。終了間際になんとかツ抜けは達成したものの、肝心のTKB寸は62.5センチ(±1センチ)となんとも腑抜けた結果に終わる。くらげ星は齧られたけど魚の正体は不明。

なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了来週は江戸前釣りサ-キット大会LTアジに出る予定なので、TKB44ミナミ予選2戦目の前に行ける練習釣行は今週が最後。尺ハギなんぞをゲットして予選突破の自信を付けたいところだったが、そうは上手くはいかないものである。受付番号は7番。竹岡沖の釣況がよくないので空いている。桟橋に着くとアサリを剥くY本名人の姿が……。TKBミナミ予選初戦で横で釣る羽目になったK泉超人と並んで、できることなら視界に入る場所で釣りたくない人だったるりする。Y本名人の釣り座が右舷の艫から2番目なのを確認して、左舷の前から2番目に釣り座を決める。左舷の大艫には前日にワカサギを4束釣ったというO達人(おすそわけに感謝)。O達人は修復不可能なまでにY本名人にぶっ壊されてたみたいw

■くらげ星効果は未知数だが26.5センチも釣れて滑り出しは好調

なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了船は1時間ほどかけて竹岡沖へと向かう。本日のお楽しみは、くらげ星カワハギが釣れるかのチェック。大会ではないのでクラゲにも針を付けて何が釣れるかをチェックしてみることに。カワハギだけが釣れればカワハギだけに有効な生体集寄になるはずである。ベラやトラギスなどほかの魚も釣れるようなら、ノイズが増えるだけなので、くらげ星は封印するつもりだった。結果は…どちらとも判断つかず。クラゲを齧る魚がいることは間違いなく、カワハギだと思われるのだが、針掛かりさせられなかったので、正体を特定できず。塩蔵のものよりも生のクラゲの方が集魚効果が高いことは分かった。実験は続けて行くつもり。
なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了

なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了最初のポイントは幹糸にカワハギが触れてくるサワサワという魚信がずっとあるのだが、全く針掛かりしない。ワッペン以下の極小カワハギかヨソギにイタズラされ続けてるとしか思えない。1匹目のカワハギを手にするのにたっぷり40分も掛かってしまった。宙でカワハギからのコンタクトはあるのであとはいかに針掛かりに持ち込むか。この日は宙では針掛かりせず、誘い下げ切ってゼロテンションか少しタルマセてようやく針掛かりする感じ。9時40分におっ!?という魚信があってこれが本日最大の26.5センチ。まずまずペースで釣れて10時には5匹クリア。時速3匹を少し上回るペースなので15匹くらいは楽勝と思ったんだけど…その後、潮が止まると魚信がぱったり途切れる。

■潮止まりからのプチ時化に手も足も出ずに沈黙。ツ抜けが精一杯

なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了宙ではカワハギの気配を感じなくなったので、底に仕掛けを入れてみる。タルマセ気味にしても結構エサが残ってくる。数少ない魚信をなんとか掛けてもトラギスかベラばかり。どうにも暇なのでくらげ星を超アピールバージョンにしてみたり、普段はあまりやらない中オモリ操作の練習をしてみたり。釣れないままに時間が経っていく。何をやっても無駄な気がし始めて、11時半には少し早いお弁当。このあと海が荒れ始めるので、お弁当を済ませておいたのは正解だった。
なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了

なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了少し潮が動き出したのか、11時50分にほぼ2時間ぶりの6匹目。サイズは20センチに届いてないが、これだけ間が空くとどんなサイズのカワハギでもうれしい。7匹目、8匹目と同じサイズを追加して12時50分に10センチくらいのワッペンカワハギでようやくツ抜けにリーチをかける。このころから風が強くなり、波の上下で宙ではタナをキープできずに底での釣りを余儀なくされる。そのまま沈黙。デカッw船長から「あと10分であがっていきます」とのアナウンスがある。ツ抜けせずかと諦めかけてたら最後の最後に15センチくらいのカワハギで、なんとかツ抜けは達成した。
なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了

なんとかツ抜けはしたけれどTKB寸は腑抜けな結果で終了TKB寸は26.5センチが1匹いるだけで、あとは大きいものでも20センチに届かない。26.5+18+18で62.5センチってとこかな。これでは予選突破はおぼつかない。いろんな状況に対応できるように宙だけでなく底での釣りの練習もしとかなきゃなぁというのが本日の反省点。あと1匹良型を拾えれば70センチ超えは達成できるのである。手も足も出ずにどうせ釣れないと半ばあきらめて釣っている時間を減らさないとね。



Twitter

2015年10月12日 19:43

« フライ&テンカラ釣り師のマスターと恵比寿「Bar Marlows」 | メイン | 2匹だけでいいから巨大アジを釣りたい。特餌はないものか »

最近の釣りに行った記事

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

著者: へた釣り