昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ち

昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ち昨日は絶好調。ブログなんぞもいつもより相当鼻息荒く更新し、SNSでは「うま釣り」に改名すればなんておだてられてすっかりいい気になってた。で、本日…TKB44ミナミ予選が行われた。結果はいいとこなしの大惨敗。でも意気消沈してないよ。これが実力。昨日が出来過ぎだっただけ。

昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ち南六郷・ミナミからTKB44予選大会に参加した。かないようがない達人さんたちが勝ち抜けてない予選の序盤戦はパスしたいところだが、ミナミの予選スケジュールを確認すると、参加できるのは3回。そのうちの1回をパスしてしまうと予選突破が危ぶまれる。仕方なく9月から参加することに。受付で釣り座のクジを引くと17番。参加者は18人と聞いていたので、四隅に近い割といい席かもとニヤニヤしながら桟橋へ。船下の魚の取り合いをしたくない超人さんを発見する。アサリの剥き身汁で顔洗って出直せ3人衆の1人で2011年DKOチャンピオンのK泉名人である。せめて席が離れてますようにと祈ってはみたが、17番はK泉名人の真横。「勉強させていただきます」とにこやかに挨拶はしたものの、心の中では「あ~あ、終わったぁああああ」。

■勝てる気が全くしない名人とのカワハギの奪い合いにトホホホホ

昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ちフィーリング船長からは「昨日はおめでとうございます」とお声を掛けていただく。覚えてくださっていたことに驚いた。大会以外の日にもたまに来るようにしないとダメだなぁ~っとちょっぴり反省する。ダイワスタッフとして乗船したこれまたDKOチャンピオンのH江名人から大会ルールの説明があり、続いてフィーリング船長のフィーリングトークで場が和んだら船は水門を出て多摩川を下り、竹岡沖へ。フグの猛攻を嫌って竹岡の南の方、水深25メートル前後のポイントで釣り開始となった。昨日上手くいった釣り方を踏襲してなんて甘いことを考えていたらちょっとも魚信がない。すぐ横でK泉名人が3匹釣ってリミットメイクしても1匹も釣れてないのだからどうしようもない。

昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ち1匹目を手にするのに40分近くかかってしまった。21センチだった。宙で魚信が出て少し誘い下げると針掛かりしたので、同じパターンでいけるかなと狙ってみたが、宙ではさっぱり魚信を出せない。順調に魚信を出せているK泉名人の竿の動きを確認すると宙でタタいて止めて待つ。カワハギの気配を察知したら細かくタタキ下げて食わせるって感じ…だったと思う。真似した。真似したつもりだけど真似できてなかった。ちっとも釣れない。名人と同じタナで同じ釣り方で勝負しようなんて土台無理なことだって気付いたときには、同じ日の同じ船での釣果とは思えないほどにバケツの中の景色が違ってしまっていた。
昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ち昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ち

■終了間際に早掛け賞&リミットメイクするも4センチ足らずで敗退

昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ち2匹目のカワハギを手にしたのはお昼を少し過ぎてから。まずまずサイズの24.4センチだった。これでTKB寸は45.4センチ。予選突破の目安は70センチくらいのことが多いのであと1匹25センチ級のまずまずサイズが釣れれば予選通過が見えてきた。時間はまだ2時間以上あるのでなんとかなるはず……なんとかなってくれぇ~~~と頑張ってはみたもののどんどん魚信が遠ざかっていき、船中、忘れたころに顔見たよってアナウンスがある低活性モードに。残り30分になると船長からも「このままだと早掛け賞が余ってしまうのが怖いので、沖上がりまでまだ時間はありますが最後の早掛け賞をやります」とここから先1匹釣るのも苦しいかもという予言が……。

昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ちこのままではリミットメイクすらできないわけで、内心相当焦っている。25センチが1匹獲れれば予選突破可能なわけで諦める気はない。でも、どうすれば釣れるのか全く手掛かりがつかめていない。沖上がり予定の14時半まで残り10分。待望のカワハギらしい魚信が訪れる。慎重にカワハギを下向かせてアワセると……乗った!! 16.1センチの小型カワハギだった。早掛け賞の賞品として袋越しにも香りの良さが伝わってくるコーヒー豆を頂く。時間ギリギリになんとかリミットメイクできた。ただし、TKB寸70センチという目標には8.5センチ足りず。桟橋に戻っての結果発表。5人勝ち抜けで5位の寸法は65.4センチだった。
昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ち昨日の今日で馬脚を現す。TKB44初戦は順当に予選落ち



Twitter

2015年09月21日 21:25

« 勝因は新竿? ハギポン? スプレー? 型で2位、数で1位♪ | メイン | 竿は気分理論ならメタリアカワハギMMH-175は最高の一竿 »

最近の釣りに行った記事

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止

著者: へた釣り