夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山昨年2戦してまずまずの釣果だったので、夏タチウオへの苦手意識は薄れていたのだが、2015年開幕戦を終えての結論は、夏タチはやっぱり苦手。特に水深10メートルの浅場ではどうやって魚信を出し、どうやって食わせるかが全く分からない。まさに手も足も出ずに見逃し三振の山を築く。

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山富津沖が主戦場で、水深10メートルくらいを釣ると事前情報を得ていたので、嫌な予感はしていた。昨年割とうまく釣れたポイントの水深は30~40メートルくらい。誘い上げて魚信があっても誘い続けて針掛かりさせるというパターンしか釣り方を知らない。水深が10メートルしかないと、誘い上げ続けることは不可能なわけで…どうやって釣るのかな?という不安を抱きながらの釣行。羽田・かみやタチウオ船は片舷8人とほどよい混み具合。右舷の前から4番目に釣り座を決めて、2015年夏タチウオ開幕戦に出航!

■開始4分でプレイボールタチウオ。これはイケると思ったんだけど…

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山8時ちょうどに船は富津岬を少し通り越した辺りで減速する。タチウオ船団がレッドクリフ状態になっている。かみやのしゃちょう船も船団の外周に合流し、釣り開始。タナの指示は「水深10メートルで底から3メートルまで」。へた釣りはこの指示で既に混乱する。底から誘い始めるのは分かるのだが、底から3メートル(水深7メートル)まで誘うのか、それとも海面から3メートルまで(7メートル幅を)誘えばいいのか分からない。ま、適当でいいやと30センチ刻みでフワフワと誘い始めるとすぐに魚信。そのまま誘いを止めずに巻き上げていると針掛かりした。釣り開始4分で1匹目のタチウオを手にする。案ずるより産むが易しで、2015年のタチウオは好発進するかに思えた。
夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山入れパクペースでイケちゃうんじゃない?と思ったのだが、そこからがどうにもイケない。魚信はそれなりに出せる。ただし、針掛かりに持ち込めない。水深が浅いので食わせるまで誘い上げることができないので、魚信があったら巻き上げをやめてその場でフワフワと誘いを入れてみるのだが、その間に魚の気配がなくなってしまう。仕掛けを回収してみると、タチウオには針が見えてると考えるしかない絶妙な位置で餌が齧り取られている。緩急自在の技巧派を相手にタイミングが取れずバットを振ることなく見逃し三振しまくっているみたいだ。そのうち魚信まで少なくなっていく。素振りばっかりやらされている控え選手の気分になる。

■手も足も出ず。心折れた方が釣れるというなんだか悔しい結果に

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山どうにもならずに時間が過ぎて行く。魚信が忘れたころにある。たくさん魚信があれば、この日の食わせ方をいろいろ試してみることもできるのだろうが、忘れたころに魚信では傾向も対策も練ることができずに、魚信があったことにビックリするだけで終わってしまう。10時半には気分転換で早々とお弁当タイム。気分を変えなければやってられないくらい何もさせてもらえない。やっと何かが針掛かりしたと思えば、まずはサバ、お次はサメだもんなぁ~。まだお昼前なのに、最初に1匹釣ってボウズじゃないからいいもんねと自分を慰めだす始末。暑いし、釣れないし、なす術なしで、心が折れた。
夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山

夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山でも、この日は心が折れたくらいの方がよかったみたいだ。12時を回ったころ。少し休憩しようと置き竿にして水分補給をしていると、仕掛け回収の合図。リールを巻き始めるといきなり竿先がグンッと入って手元まで魚の重みが伝わってくる。釣ったというより勝手に2匹目のタチウオが釣れた。もしかして、誘わずに放置してるくらいの方がいいのかも? それではと、電動リールで超スロー巻き上げを試してみると、すぐにもう1匹追加。これまた勝手に食ってきて、勝手に針掛かりした。誘いすぎないという方針で沖上がりまで頑張ってはみたが、魚信はあれど針掛かりせず。13時くらいから水深50メートルのポイントに移動したが状況は変わらなかった。釣れないのは水深の問題じゃなかった。
夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山夏タチはやっぱり苦手。食わせ方分からず見逃し三振の山



Twitter

2015年08月01日 20:37

« 5年ぶりにFLビシを買おうとしたら高くてビックリしちゃったよ | メイン | そこから!? 釣れないとタチウオのエサの付け方に悩みだす »

最近の釣りに行った記事

難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目

著者: へた釣り