指4本込みタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく心おきなくどうするかというとイサキ戦線に復帰する。結論から書くとタチウオはやはり苦手だと再確認できただけ。魚信の数に対して針掛かりに持ちこめるのは7、8回に1回、二軍落ちペースだった。どうして掛からない? 逆に掛かったときもどうして掛かった? タチウオの闇は深い。

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく羽田・かみやからタチウオアジリレー。昨年このリレーを2戦して2戦ともいい思いをしたので、今年も腕に見合わぬ期待をしての釣行。リレー船とは別にタチウオ船も出船予定だったので、釣り人が分散して割り当てが多いかもと予想して予約したが、タチウオ船は出船不成立で送迎バスに乗った10人のうち7人がタチウオアジリレーの釣り客。割り当て少ないどころか、座れる釣り座がちゃんとあるのかしらとビビリながら桟橋へ。結局、18人となり、デカッw船長船からしゃちょう船長船に船を変えての出航となった。へた釣りの釣り座は左舷の前から3番目。横はH賀達人、その横にはいいあんべぇ達人
指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく

■魚信は出せる…どうすれば掛かる? 正解がどうしても見つからない

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく45分ほど走って大貫沖へ。レッドクリフ状態のタチウオ船団ができていたが、デカッw船長は船団に合流せず、もう少し南下し一人旅でタチウオの反応を探す。へた釣りも探険丸MINIをじっと見つめていた。底付近にときどき反応が現れる。現れると船が減速し、その周りを探るように移動する。船長が何を見て、スルーする反応と釣ってみる反応とを区別しているのかは分からないが、船長と同じ物を見ているってのが楽しい。そのうち反応の差も分かるようになるかも……。ポイントが決まり第一投。30センチ刻みのフワフワ誘いで始めるとすぐに魚信。いつもの通り、びっくりして誘いを止めてしまい見逃し三振でスタート。
指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなくこの日のエサは釣りたてサバの切り身。新鮮なエサのおかげか、タチウオの活性がそれなりにいいのか、誘っているとまずまずいい頻度でタチウオからのコンタクトはある。でも、ここからがイケない。エサがボロボロになるまで齧られているのに針掛かりに持ちこめない。魚信は出せているのでそのうち掛かるだろと甘い見通しでいたが、さっぱり掛からない。常時竿を動かしていると、魚信は出せても食わせられないのかもと悩んでいると、上乗りをしていたS藤コーチから「動かさない人の方が釣れてますよ~」と指摘される。動かさないのは嫌いなので、誘い後のスティ時間を2、3秒取るようにしてみる。
指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく1匹目のタチウオを手にしたのは釣り始めて1時間半ほど経ってから。スティ中に魚信が出てそのままフワフワと竿を動かすと食い込んだ。その後またも40分ほど沈黙。魚信はあれどどうやったら食い込むのか正解が見つからない。2匹目は誘い上げて反応がなくなった?と諦めた瞬間に竿を引きこんだ。3匹目はフォール中に食ってきてあれ?とリールを巻いたら勝手に針掛かり。全部こんな調子。こうすれば掛かるという正解は遂に分からず。なんかいろいろやっていると何かの弾みに掛かってくれる。これでは打率が改善するはずがない。タチウオは6匹。指4本級も1匹混じって終わってみればまずまずの釣果。
指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく

■タチウオの憂さを晴らすかのようにアジは怒涛の入れパクモード

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく「11時半になったらアジにリレーします」とのアナウンス。タチウオの1日船は竿を動かし続けて疲れるのでアジとのリレーを選んだのに、針掛かりの正解を求めてもう少しタチウオをやりたかったのだから勝手なもんである。アジのポイントは同じ大貫沖。タチウオ船団だと思っていた船団はタチウオアジの混合船団だったみたいだ。反応はすぐに見つかる。探険丸MINIを確認すると底1メートルが真っ赤になっている。船長からの指示は「底をやって、上でコマセ撒くとサバが来るので気をつけて」だった。底50センチで1振り、50センチ巻き上げてもう1振り、最後に50センチ静かに竿を持ち上げて待つ。すぐに魚信。しばらくの間、こんなに簡単に釣れていいの?ってレベルの入れパクを楽しめる。

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなくコマセを振り出し、タナを1.5メートルにすればすぐに竿先がピクピクと動き出す。少し仕掛けを張るように竿を持ち上げると、竿先をキュンと引き込む。低めのタナで掛けていたので、掛かりどころが悪いらしくバラシも多かったが、船の下にアジはいくらでもいる。バラシたってちっとも惜しくない。さすがにずっと入れパクというわけにはいかず、食いは少しずつ落ちていったが、沖上がり直前まで魚信は途切れずにあった。魚信がなくコマセを詰め替えるために仕掛けを回収したのは実釣約3時間で2回だけ。釣れるサイズはすべて25センチ級。食べて一番美味しいA5ランクのアジばかり31匹でクーラーの主役はタチウオを押しのけてアジに。
指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく



Twitter

2015年08月09日 21:36

« 剣崎イサキが急に好転。でも明日はタチ・アジリレーなのだ | メイン | ケン付きタチウオ針なら身側に針先を抜くが正解みたいだ »

最近の釣りに行った記事

台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

著者: へた釣り