指4本込みタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく心おきなくどうするかというとイサキ戦線に復帰する。結論から書くとタチウオはやはり苦手だと再確認できただけ。魚信の数に対して針掛かりに持ちこめるのは7、8回に1回、二軍落ちペースだった。どうして掛からない? 逆に掛かったときもどうして掛かった? タチウオの闇は深い。

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく羽田・かみやからタチウオアジリレー。昨年このリレーを2戦して2戦ともいい思いをしたので、今年も腕に見合わぬ期待をしての釣行。リレー船とは別にタチウオ船も出船予定だったので、釣り人が分散して割り当てが多いかもと予想して予約したが、タチウオ船は出船不成立で送迎バスに乗った10人のうち7人がタチウオアジリレーの釣り客。割り当て少ないどころか、座れる釣り座がちゃんとあるのかしらとビビリながら桟橋へ。結局、18人となり、デカッw船長船からしゃちょう船長船に船を変えての出航となった。へた釣りの釣り座は左舷の前から3番目。横はH賀達人、その横にはいいあんべぇ達人
指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく

■魚信は出せる…どうすれば掛かる? 正解がどうしても見つからない

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく45分ほど走って大貫沖へ。レッドクリフ状態のタチウオ船団ができていたが、デカッw船長は船団に合流せず、もう少し南下し一人旅でタチウオの反応を探す。へた釣りも探険丸MINIをじっと見つめていた。底付近にときどき反応が現れる。現れると船が減速し、その周りを探るように移動する。船長が何を見て、スルーする反応と釣ってみる反応とを区別しているのかは分からないが、船長と同じ物を見ているってのが楽しい。そのうち反応の差も分かるようになるかも……。ポイントが決まり第一投。30センチ刻みのフワフワ誘いで始めるとすぐに魚信。いつもの通り、びっくりして誘いを止めてしまい見逃し三振でスタート。
指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなくこの日のエサは釣りたてサバの切り身。新鮮なエサのおかげか、タチウオの活性がそれなりにいいのか、誘っているとまずまずいい頻度でタチウオからのコンタクトはある。でも、ここからがイケない。エサがボロボロになるまで齧られているのに針掛かりに持ちこめない。魚信は出せているのでそのうち掛かるだろと甘い見通しでいたが、さっぱり掛からない。常時竿を動かしていると、魚信は出せても食わせられないのかもと悩んでいると、上乗りをしていたS藤コーチから「動かさない人の方が釣れてますよ~」と指摘される。動かさないのは嫌いなので、誘い後のスティ時間を2、3秒取るようにしてみる。
指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく1匹目のタチウオを手にしたのは釣り始めて1時間半ほど経ってから。スティ中に魚信が出てそのままフワフワと竿を動かすと食い込んだ。その後またも40分ほど沈黙。魚信はあれどどうやったら食い込むのか正解が見つからない。2匹目は誘い上げて反応がなくなった?と諦めた瞬間に竿を引きこんだ。3匹目はフォール中に食ってきてあれ?とリールを巻いたら勝手に針掛かり。全部こんな調子。こうすれば掛かるという正解は遂に分からず。なんかいろいろやっていると何かの弾みに掛かってくれる。これでは打率が改善するはずがない。タチウオは6匹。指4本級も1匹混じって終わってみればまずまずの釣果。
指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく

■タチウオの憂さを晴らすかのようにアジは怒涛の入れパクモード

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく「11時半になったらアジにリレーします」とのアナウンス。タチウオの1日船は竿を動かし続けて疲れるのでアジとのリレーを選んだのに、針掛かりの正解を求めてもう少しタチウオをやりたかったのだから勝手なもんである。アジのポイントは同じ大貫沖。タチウオ船団だと思っていた船団はタチウオアジの混合船団だったみたいだ。反応はすぐに見つかる。探険丸MINIを確認すると底1メートルが真っ赤になっている。船長からの指示は「底をやって、上でコマセ撒くとサバが来るので気をつけて」だった。底50センチで1振り、50センチ巻き上げてもう1振り、最後に50センチ静かに竿を持ち上げて待つ。すぐに魚信。しばらくの間、こんなに簡単に釣れていいの?ってレベルの入れパクを楽しめる。

指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなくコマセを振り出し、タナを1.5メートルにすればすぐに竿先がピクピクと動き出す。少し仕掛けを張るように竿を持ち上げると、竿先をキュンと引き込む。低めのタナで掛けていたので、掛かりどころが悪いらしくバラシも多かったが、船の下にアジはいくらでもいる。バラシたってちっとも惜しくない。さすがにずっと入れパクというわけにはいかず、食いは少しずつ落ちていったが、沖上がり直前まで魚信は途切れずにあった。魚信がなくコマセを詰め替えるために仕掛けを回収したのは実釣約3時間で2回だけ。釣れるサイズはすべて25センチ級。食べて一番美味しいA5ランクのアジばかり31匹でクーラーの主役はタチウオを押しのけてアジに。
指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく指4本込みでタチウオ6匹、A5ランクのアジ31匹で心おきなく



Twitter

2015年08月09日 21:36

« 剣崎イサキが急に好転。でも明日はタチ・アジリレーなのだ | メイン | ケン付きタチウオ針なら身側に針先を抜くが正解みたいだ »

最近の釣りに行った記事

三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…

著者: へた釣り