標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯。子供1号大健闘

標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘去年に続き、人生2度目の小突きカレイ釣り。小突く速度や動かす幅で魚信が増えたり減ったり、釣れる魚が変わったりして面白い。昨年のメモを読んで復習ばっちりで臨んだおかげで20匹超えと好調。急遽開催された北海道の師匠杯では大人げもなく…賞金は子供たちにあげたよw

標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘昨年は北海道の師匠北海道の師匠2号、そしてへた釣りと3家族での仕立てだったが今年からはさらにもう1家族参加して、大人6人、子供4人に規模拡大。北海道の師匠子供たちが飽きずに最後まで釣れるようにと、急遽北海道の師匠杯の開催を決定した。1匹全長勝負で1~3位までに賞金(というお小遣い)が出る。へた釣りとしては子や孫にお小遣いをあげたい北海道の師匠の意図を汲まなきゃいけないところだが……ごめん、だって東京湾では滅多にお目にかかれない大きなカレイを釣りたいんだもん。

■復習したことを確認しながら釣り始めるといきなり44センチで仰天!!

標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘参加人数が増えたので、今年はゆっくり出船。標津港から8時出船なので、5時半くらいにホテルまで迎えにきてもらって出発する。8時ちょうどに標津漁港に到着する。仕立てた船は昨年と同じ日陽丸。夏は漁師、冬は猟師をしている船長さんの船だ。あまり愛想はよくない風ではあるが、子供の相手をしてくれたり、帰りに鹿肉をくれたりする心優しい船長さんだったりする。港を離れた船は国後島の方向に…向かったと思われるのだが、霧が濃くて10分もすると自分がどこにいるのかさっぱり分からなくなる。

標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘移動中に子供たちにアオマムシの付け方のレクチャー。いつもは真剣に人の話なんて聞きやしない子供たちだが、賞金が出るとなると餌を必死になって付けようと努力するのであるから北海道の師匠の作戦は大成功である。9時過ぎにポイントに到着。仕掛けを投入し、着底したらしばらく待つ。20センチくらいの幅をゆっくり上下させて、錘の存在をカレイにアピール。小突き始めは可能な限り速く。少しずつ小突く速度を落としていくと、カジカより先にカレイが飛びついてくる。昨年学習した方法を確認しながら釣っていると、いきなり竿先ブルル。錘を底から少しだけ切って仕掛けを張ると竿先がグンッと引き込まれる。ドラグを滑らせながらあがってきたのは44センチ(北海道の師匠計測)の良型クロガシラカレイ。いきなり優勝狙えるサイズに、つくづく空気を読めない男である。
標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘

■空気を読めない俺…子供1号を押しのけて…ごめん、本当にごめん

標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘へた釣りはその後も順調にカレイの魚信を出し、順調に数を伸ばせた。サイズは選べないが小さくてもカレイカレイとカウントするなら時速4~5匹くらいのペースでは釣ることができた。子供たちも最初こそ苦戦していたが、賞金がかかっていると釣れてる人(=へた釣り)の言うことを素直に聞ける。まずは子供1号が「うわぁ~」と悲鳴のような歓声のような声をあげる。竿先をときどき大きく引き込むような抵抗をしながらあがってきたのはへた釣りの1匹目とほぼ同寸のクロガシラカレイ。計測結果は43センチ。空気読める男になるために抜いてほしかった。子供1号はその後、釣り方が分かってきたようで、少しずつペースアップしていく。
標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘

標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘子供2号は速く小突いてカジカをかわすことができないようで、釣っても釣ってもカジカばかりという状況に口を尖らせていたが、小ぶりながらもカレイをポツポツとは拾っていけるようになる。最後の方は、小突き方も様になってきて、まずまずサイズのカレイを連発するなんてシーンも。いい竿の曲がり具合をしてあがってきたのは40センチに少し足りないくらいのマガレイ。餌をもう少し丁寧に付ければもっと釣果を伸ばせると思う。来年の課題かな?
標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘

標津沖小突きカレイは北海道の師匠杯! 子供1号が大健闘14時に沖上がり。港に帰ってから北海道の師匠杯の表彰式。子供1号は3位入賞で見事お小遣いを受け取る。子供1号より大きなカレイを持っているへた釣りは……同寸で妻1号の妹とともに1等賞。空気を読んでレディーファーストでと提案したが、ジャンケンをすることに。負けた。最後にようやく空気を読めたわけだ。賞金は子供たちにあげた。北海道の師匠からのへた釣り経由子供たちへのお小遣いというわけだ。



Twitter

2015年07月25日 20:15

« シマノには勝った。釧路沖の魚には惨敗した北海道五目 | メイン | 3日目は休竿日だけどニジマス&オショロコマと戯れる »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り