夜アナゴに船上で悩む暇なし。ノルマ未達の屈辱を味わう

夜アナゴに船上で悩む暇なし。ノルマ未達の屈辱を味わう1戦目は基本に忠実にやるのでそれなりの釣果。2戦目はへた釣りアレンジが加わって撃沈。夜アナゴでも2戦目のジンクスにハマってしまう。前半魚信を全く出せずに船上で悩みまくる。後半なんとか立て直すも出遅れが響いてノルマ(5匹)を達成できず。ストック5のお世話になる…屈辱。

夜アナゴに船上で悩む暇なし。ノルマ未達の屈辱を味わう1カ月前に初体験した夜アナゴが思った以上に楽しく、まだまだ釣れているようなので再戦。蒲田駅にて1日船の釣客を送ってきたバスにピックアップしてもらって羽田・かみやへと向かう。受付を済ませてみるとなんと…受付番号20番。出船時刻まで1時間半近くあり、まだ増えそうな感じ。桟橋にてデカッw船長から「しゃちょう船の右舷舳が空いてますよ」と言われて、迷わずその席に。結局、夜アナゴの釣客は総勢39人に。急遽3隻出しになる。しゃちょう船は19人。四隅の席でよかったぁ~。

■餌付けレクチャーで悩み、波の上下で小突けずに悩んでボウズを覚悟

夜アナゴに船上で悩む暇なし。ノルマ未達の屈辱を味わう出船前にかみやでは珍しい釣り方レクチャー。先生は淳ちゃん船長。送迎バスの中でも「餌の付け方さえきちんとすれば、もっと釣れるのに」と教わったが、同じ内容だった。イソメ2匹の頭の部分をちょん掛けし、少し引っ張りながら頭の硬い部分だけを3回縫い刺しにする。淳ちゃん船長によれば「体の柔らかい部分を縫い刺ししても全く意味がない。アナゴは餌を吸い込まない。齧り取られて終わり」らしい。イソメを持って錘(20号)をぶら下げても大丈夫なくらいしっかり付けるのがアナゴ釣りで一番大切なことと教わる。

夜アナゴに船上で悩む暇なし。ノルマ未達の屈辱を味わう船は向かい風の中、木更津沖へ。少し海が悪い。止まれば釣りにそう影響はないと思っていたが、アンカーを入れても波の上下が思ったより激しい。まずは教わった餌付け……できねぇ……。頭の硬い部分だけに3度も針を通すなんて、揺れてなくても難しいのに、揺れるは手暗がりになるはの夜の船上で教わった通りに餌を付けるのは無理。さらに潮の流れもへた釣りに味方してくれない。キャストしてもすぐにラインが船の下に潜ってしまう。これに舳なので船の激しい上下が加わると、投げてダメ、小突いてダメとお手上げ状態。潮先の艫の方では釣れているようなのだが……ボウズもあるかもと覚悟し始める。

■悩むよりやれることをやる。ラスト1時間の追い上げもノルマに届かず

夜アナゴに船上で悩む暇なし。ノルマ未達の屈辱を味わう淳ちゃん船長式の餌の付け方を諦める。キス釣りのように口から針を入れて、チモトまでコキ上げまっすぐ餌を付ける。タラシは3センチくらい。この方法なら慣れているので暗くても揺れててもなんとかなる。糸の結束もそうだけど、慣れてて自信がある方法が一番だ。潮も緩んできて釣りやすくなってきた。キャストして底で錘をコトコトと動かす感じで誘っていると、ガシッ(アナゴの魚信はこうだと思う)。ガシッではアワせずに竿を送って3秒ほど我慢。ゆっくりラインを張っていくとガシッガシッガシッという手ごたえ。竿を大きく持ち上げてアワせる。1匹目のアナゴを手にしたのは沖上がり1時間前の20時25分だった。

夜アナゴに船上で悩む暇なし。ノルマ未達の屈辱を味わう1匹釣れるとバタバタと釣れ始めるから不思議な魚である(下げ潮になって潮先になったせい?)。10分後に次の1匹を追加し、時間を空けずに3匹目、4匹目を追加する。ストック5(釣れなくても5匹保証)のお世話にならないように、あと1匹!!!!!と無駄に気合いを入れると殺気がアナゴに伝わってしまった(小突きすぎた!?)ようで、そのまま沖上がりの時間に。1匹恵んで頂いて5匹のアナゴをお持ち帰り。アナゴ丼を1杯分多く食べられるのはうれしいが……釣り人としては屈辱を味わう。



Twitter

2015年05月24日 11:10

« アナゴ丼♪ アナゴ丼♪ アナゴドン釣りたい♪ お腹いっぱい♪ | メイン | 湾フグデビューは6月7日有力。うれしくてカットウ針の準備 »

最近の釣りに行った記事

GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…
どっちつかずで狙いを絞れずアジのみで終わったアミ五目
時化後の××で八景沖アジがちょろいヤツに。半日で117匹♪
型(25up×7匹)よし、数(122匹)よしで2017イサキは最高だ♪
1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新
月別最多は頓挫でも尺イサキ5+クロムツ+クロダイでドヤッ
イサキは週休2日制? 目標の1/3しか釣れずにどよ~~ん
メバルの数は2位。でも型勝負は最下位…デカいの釣れん
今年はいいかも!! 剣崎沖イサキ開幕戦で40匹は自己最多

著者: へた釣り