三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼狂っている。オニカサゴはへた釣りのエサだけ避けているとしか思えない。何が狂っているのか? 修正点を見いだせないまま、2015年三度目のオニカサゴ釣行は終わってしまった。8回、ドラグが滑るいい魚信があった。でも全部、サメ。サメはへた釣りの垂らしたエサが大好きだったみたい。

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼1匹も釣れねぇ~、釣れねぇ~と騒いでいるせいで、「今日は釣れますよ」「そろそろじゃないですかぁ~」と、いろんな人に気を遣ってもらう。羽田・かみやから2015年三度目のオニカサゴ昨年も3戦目でキープサイズのオニカサゴを手にしているので、自分でも「そろそろ釣れる…はず」と思っていたりした。桟橋にて異次元O塚さんから「チョンチョンと誘って、ピタッと止めて待つ。待つのは45秒。底にオモリを着けて待ってもいい」とアドバイスをいただく。待ち時間が短かったのかなぁ~と反省。なんだか釣れる気がしてきた。

■洲崎沖への遠征オニカサゴ。波、風に苦しめられるがなんとかなる?

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼席は左舷の前から2番目。片舷4人だったのでオマツリを恐れずに釣ることができる。デカッw船長からのアナウンスは「海の状況を見ながらですが、洲崎沖に向かいます」。沖のウィリー五目で何度もいい目に遭っているので洲崎沖=釣れるポイントと刷り込まれている。ただし、海の状況はあまりよろしくない。中ノ瀬あたりから船が揺れ始め、観音崎、剣崎と進むほどに波が高くなっていく。いつ船が止まって洲崎遠征断念になってもおかしくない感じだった。

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼2時間くらいかかってなんとか洲崎沖に到着。船が止まると恐ろしく風が強いし、波も高い。ときどき飛沫を被るような状況だったので、こんなんで魚信を取れるのかなと不安になる。一流し目で本命が釣れたとのアナウンスがあり、さすが洲崎と思ったのだが、へた釣りの竿にはちっとも魚信がない。エサがそのままの状態で1時間が経過し、ようやく微妙な魚信があった。本命ではない。ヒオドシという20センチくらいのカサゴの仲間だった。海は悪いが魚信が取れることは確認できた。
三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼

■釣れども釣れども、サメ? サメ!! サメ!? サメ! サメorz

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼この日のエサは、カツオのハラモSUPERいかたんBig(グローパール&イカゴロMAX)。良型狙いで、幅2センチくらい、長さ15センチくらいにしてある。2度目の魚信は明確に竿を大きく引きこんだ。オニカサゴ!? オニカサゴの魚信なんてすっかり忘れてしまっているので、強い引きがあれば全部オニカサゴだと思っていた。……電動リールが空転したままちっとも巻き取れない。オニカサゴなら70センチ以下ってことは絶対にない。ただし、70センチのオニカサゴは絶対にいない。仕掛けが切れた。すぐに同じような魚信があり、70センチ級オニカサゴの正体を確認できた。ツノザメだった。

三度目の正直オニカサゴは魚信いっぱい。サメ釣りに開眼その後も釣れども釣れどもサメ。都合8回、竿がミシミシと悲鳴をあげるいい引きを楽しませてくれる。SUPERいかたんBig グローパールを付けた針にサメが食いついてくることは分かったのだが、海中でのアピール力が強い証拠と信じてそのまま釣り続ける。時間はどんどん経って行く。次第に海は凪いできて釣りやすくはなったが、へた釣りの竿に伝わってくるのはサメの魚信だけ。三度目のボウズが見えてきた。しょんぼりモードになってしまう。「ミドリフサアンコウ釣れましたよぉ~。写真撮りますかぁ?」。デカッw船長にも気を遣われてしまった。



Twitter

2015年02月28日 20:34

« 三度目の正直で2015年初のオニカサゴを手にしたいのだが | メイン | ミドリフサアンコウはあんな姿形をしてるのにとっても美味!? »

最近の釣りに行った記事

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会

著者: へた釣り