26upを4匹込みで17匹。大志は果たせずも今季最高の釣果

26upを4匹込みで17匹。大志は果たせずも今季最高の釣果「ワンシ-ズンカップ カワハギ部門」のトップ獲っちゃる!! と意気込みだけは立派だったけど…特大サイズはかすりもせず。まずまず良型の26センチ超え4匹を含めて17匹は今季最高の釣果。実力以上の出来なのに、これで文句を言ったら罰が当たるよね。でも、32センチ欲しかった。

26upを4匹込みで17匹。大志は果たせずも今季最高の釣果1週間前から竹岡沖のカワハギが急に上向いた。しかも明日は雨予報なので、乗船締め切りになる前に慌てて羽田・かみやに予約を入れる。桟橋に着いてみると、既にカワハギ船は満席一歩手前。餌の準備をしていたデカッw船長に「左舷の前から2番目か、右舷なら前から3番目が空いてますよ~」と教えてもらう。船上を見渡すと右舷舳はY本名人。この人と魚の奪い合いをしても勝てる気がしないので左舷の舳2番に釣り座を決める。今日の潮先は舳のはずなのに、どうして艫の方から席が埋まっているんだろう? その理由は出航するとすぐに分かった。

■やや荒れの海は宙釣りギリギリ可? 数は出るけど型が出ずでアレ!?

26upを4匹込みで17匹。大志は果たせずも今季最高の釣果船は1時間の航路で竹岡沖へ。思ってよりもずっと海が悪い。白波は見えるし、船の横から風を受けるので少しだけだが飛沫を被る。日差しもほとんどないので肌寒い。船が止まる。波の上下は宙での釣りが成立するかどうかギリギリな感じだった。仕掛けを付け替えるかどうか一瞬悩んだが試してみてから考えることにして枝間8センチの宙釣り仕掛けの一番上の針にホタテ星を付けて釣り始める。船の上下に合わせて竿を上げたり下げたりすればなんとかなりそう。

26upを4匹込みで17匹。大志は果たせずも今季最高の釣果宙からのタタキ下げで着底させ、タタキを止めずに30センチほど底を切ってフワフワさせて待つという良型狙いのいつもの釣り方の波の高い日版。底位置を確認するため底までタタキ下げてから底を切る。オモリは浮いているのでトラギスやベラはかわせているが、どうにもサバフグがうるさい。ハリスを噛み切られまくる。サバフグは元気だが、カワハギの活性も悪くない。1枚目のカワハギが釣れるまでさほど時間はかからなかったし、その後もそれなりのペースでカワハギが釣れる。ただし、サイズはいずれも15センチ前後。やっとキターッといい引きがあったが30センチくらいのサバフグのスレ掛かりでタモ持って駆けつけてくれた船長もガックシ。5匹目でようやくまずまずサイズの26センチ。26センチでもこの時点での今日一なので、一応公式メジャーで計測してもらうw
26upを4匹込みで17匹。大志は果たせずも今季最高の釣果26upを4匹込みで17匹。大志は果たせずも今季最高の釣果

■唯一のタモの出番はタコ!! 釣られたカワハギの腹いせでビチャビチャ

26upを4匹込みで17匹。大志は果たせずも今季最高の釣果その後も20センチ~27センチのカワハギがポツンポツンと釣れるが、尺超えキタァーーな魚信に恵まれない。タモの出番は一度だけ。根掛かり? あれ?巻けるぞ? オマツリかな? でも、誰も何も言わないな? 底のゴミでも釣ったかな? と頭の中を???だらけしながらリールを巻いていると、デカッw船長がマイクで「それ、タコでしょ!!」。抜ける重さじゃなかったのでタモですくっていただく。軟体動物恐怖症なので、すくってもらってからが大変だ。キャーキャー言いながら結局隣の人にビニール袋に入れるとこまでやってもらうことに(お礼はサバフグw)。死んだら平気なんだけど吸盤で吸い付いてくる生きてる軟体動物はやっぱり苦手だ。

26upを4匹込みで17匹。大志は果たせずも今季最高の釣果最後まで魚信はまぁまぁ続いて、バケツの中はそれなりににぎやかなことに。ちゃんとエア抜きして沖上がりまで生かしておく練習をしているのだが、17匹も入れるとやはり何匹かはひっくり返っちゃうなぁ。おまけにカワハギは釣られた腹いせに鉄砲魚のように水を吐きかけてくるのでズボンをビチャビチャにされる。冷たいのでトドメを刺してやろうかと何度も考えたがこいつらに逃げるチャンスはない。あとは食われるだけの運命なので、水を吹きかけるくらいの仕返しは大目に見てやることにした。

26upを4匹込みで17匹。大志は果たせずも今季最高の釣果ちなみに竿頭は31枚でY本名人。ビッグワン賞も29.5センチでY本名人だった。桟橋で話しているのを聞くと、波があったのでゼロテンション、ただしゲストがうるさいので下針をかなり浮かした場所にセットして釣っていたそうだ。へた釣りでいうところの漁礁仕掛けである。漁礁仕掛けの方が正解だったのかなぁ? でも、まぁ、へた釣りにしては釣れた方なので今日はあえて反省しないことにしよう。



Twitter

2014年11月08日 20:24

« 明日もカワハギ♪ 目指すは32センチ超と大志を抱いてみる | メイン | ホタテ星の効果抜群!! タナゴ用ハリス止めでTKB52適応に »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り