自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?

自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?年に数度ある船上でダメだぁ!!と頭を抱える日。今年はこのペースでいけば年に十数度になっちゃいそうなんだけど、とにかくダメだった。期待の長竿、島風3-370は折れちゃうし、6回連続でアワセ損ねるしで、手にしたマゴチは1匹だけ。何が悪いのか分からないが、何もかも悪い!!

自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?大会で席の抽選結果が悪かったとき対策に長い竿を試してみようなんて、分不相応なことを考えたのがいけなかったのかも。幸いなことに羽田・かみやマゴチ船は、本日片舷5人と空いていたので、マゴチ釣りでは久々の2本竿。島風3-370を伸ばしているとさっそくH林達人のチェックが入る。「アワセた瞬間に折れるよ。そんなのが通用するなら俺も5.4メートルの竿でやってるよ」。その危険性があることは承知しているが、試してみたいのである。デカッw船長まで「折れてもいい竿なんでしょ」。

■島風は1匹の中型マゴチと引き換えに大破轟沈。やっぱり船には船竿!!

自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?折れる、折れると縁起でもないことを言われたついでに、へた釣りにはもう1つ嫌なジンクスがある。余計な竿を持って行くとその日は釣れないのである。マゴチに島風3-370ってのは明らかに余計な竿……嫌な予感がなかったといえば嘘になる。大貫沖のやや深めのポイントから釣り開始。釣りを開始して15分ほどしてすぐに魚信はあった。竿を持ち上げると重みは乗ったのだが、魚信っている最中を見ていた船長はすぐに「イカ!! ゆっくり巻いてきて」。本日の獲物第1号はシリヤケイカ。今季、こいつを釣ったのは初めてだ。船長がタモ取りしてくれたので、キープする。

自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?次の魚信は、その40分後。手持ちの竿にではなく、島風3-370にあった。軟らかい穂先はマゴチが食い込んでいくに従って、海面に刺さっていく。十分に食い込ませてから竿を持ち上げると乗った。アワセても折れなかった。磯竿なのでほぼ垂直に竿を立てて、リールを巻き始めたその瞬間!! ベキッという音とともに穂先から50センチくらいのところで竿が真っ二つ。なんとか魚は取り込めたものの。予言されていた通り、島風は大破沈没。やっぱり船釣りには船竿じゃなくちゃダメなんだなぁという至極当たり前のことをようやく理解した。
自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?

■シューベルトの子守唄を聞きつつ6連続アワセ損ね自分を信じられない

自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?一本竿で集中して釣るからいいもんねぇ~……完全に強がりである。折れるかもと覚悟はしていたので意気消沈したわけではないが、竿が折れてうれしいわけがない。その後、とにかく魚信が出せない時間帯が続く。背後や舳の方では順調にマゴチが上がっているのに、へた釣りの竿には全く魚信がない。丁寧にタナを取り直し、タナが狂っているのかもと底から50センチ、70センチ、1メートルといろんなタナを探ってみたのだが、どうやっても魚信が出せない。ようやく魚信があってもまたもシリヤケイカ。

自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?デカッw船長がシューベルトの子守唄を口笛で吹き始める。今日はもう諦めて寝てろってことか? 12時少し前からポチポチ魚信を出せるようになってきたのだが、この1匹は大事に取りたい、なんとしても取りたいと考えると心が萎縮し、アワセのタイミングがさっぱり分からなくなる。待ち過ぎてエビがいなくなっていたり、次でアワセようと決めた瞬間にマゴチが餌を放した感触がありエビの頭だけ返ってきたり、針先が出ている頭の部分は噛みつぶされているのにどうして針掛かりせん!!なことがあったりと、なんと沖上がり直前まで6回連続で空振り。
自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?

自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?1匹しかいないマゴチなので大事に食べようと、船上で血抜き&神経絞めした。「神経締めセット ロング」は買ったままの状態ではマゴチには適さなかったが、先端を削って丸くすれば、問題なく使えた。軽いクーラーを抱えて船を降りようとしていると、竿頭で10本も釣ったY本達人がマゴチをくださるというので、5匹頂くことに。こちらもちゃんと神経絞めしてお持ち帰り。ダメだぁ!!な1日だったがクーラーの中だけはマゴチが6匹と豪華に。島風はどうしたって? 修理代で同等の竿を買えるので捨ててきたw
自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?自分を信じられない…マゴチにはそんな日もある…よね?



Twitter

2014年05月11日 19:38

« マゴチの潮ケツ対策に長竿を探す。島風3-370は使える? | メイン | 島風に代わるマゴチの長竿を物色する…懲りてないねwww »

最近の釣りに行った記事

6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹

著者: へた釣り