「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?理系女の星は「STAP細胞はあります」と言い切った。信じているからこそたどり着ける答えがある。「カサゴの入れ食い餌はあります」と言いたい。でも…言えない。羽田・かみやカサゴ大会に特餌候補をたっぷり持ち込んだ。入れ食いの予感はあったが、期待していた結果は得られず。

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?2隻出しで30人が参加したカサゴ釣り大会。送迎バスで桟橋に着いてみると既に1隻は満席で、残っていたのは、「沖の根周り狙います!」と宣言していたしゃちょう船長船の右舷のみ。ストラクチャーが何もないポイントで根魚を狙うのは、ボウズをくらった金沢八景・一之瀬丸でのメバル釣りで懲りていたので、なるべくならもう1隻の方に乗りたかった。電車釣行の悲しさで、空いている席に座るしかない。しゃちょう船長からのアナウンスは「1時間ほど走ります」。…沖の根ってどこまで行く気だっ!!

■特餌でも釣れるよ…って、それは特餌とは言わないよね( TДT)

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?本日、持ち込んだ特餌候補は、オイカワ×6匹、ドジョウ×3匹、Gハゼコ(ゴリ)、キビナゴ、オキアミ、磯エビ。これに船宿で配られたサバ短にモエビ。なんと、餌は活きたのが3種類、冷凍餌が4種類。まさに下手な鉄砲なんとやら式に、どれかは特餌になってくれるよねと考えていた。結果は……カサゴはどの餌でも釣れた。持ち込んだ餌に外れはなかったわけだ。でも、大当たりした餌もなかった。お金を掛けて持ち込むだけの価値はなかったかなぁというのが正直なところ。もう一度試してみてもいいかなと思えるのはオイカワくらい? ただし、カサゴ狙いではなくメバル狙いで。
「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?どこまで行く気?の答えは大貫沖より少し南に行ったポイントだった。水深は30メートル~40メートルくらい。20号の錘で釣るには少し深すぎる感じだった。水深もあるし、カサゴ狙いではかつてないほど南下してもらったわけで、さぞかし大きいのが釣れると期待したのだが、1匹目は20センチくらい、続いて15センチくらいのキープするかどうか悩むサイズ、お次はこれまた20センチくらい。魚信はあるのだが、大物は姿を見せない。大貫沖のカサゴは湾奥で釣れるカサゴに比べて色が赤い。どうやら「カラス貝が付いているストラクチャー辺りのカサゴは茶色っぽくなる」(T築キャプテン)らしい。緑色に塗られたイケスに放したメバルは緑色になったと言うのだが…本当?
「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?

■カサゴ釣りの基本的な方法について不勉強なまま…大変情けなく

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?特餌候補は船宿の支給の餌より大きく、小さなカサゴは食いついてこないと考えていたのだが、餌の大きさは釣れるカサゴのサイズに全く影響ないってことだけはよく分かった。自分の体長よりも長いドジョウにミニチュアサイズのカサゴが食らいついてくる。でもって、しっかりドジョウを食い殺してくれるので、コスパ悪っ!! えらい赤いカサゴだなと思えばこれまたミニサイズのオニカサゴだったりして、結局大貫沖では最大サイズが22センチくらいと、どうにもならない感じ。しゃちょう船長も焦れたのか、本牧沖へと移動する。
「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?本牧沖にて、特餌の存在を完全に否定されることになる。この日最大の25センチのカサゴが釣れたのだが、食いついてきたのはせっかく用意した持ち込み餌にではなく、メバル狙いで付けていたモエビにであった。さらにこの日唯一のメバルが飛びついてきたのは、特餌ではなくワームにであった。計算通りの実験結果が全く得られない。STAP細胞はあるかもしれんが、カサゴの特餌はないかもと思い始める。やけになってキビナゴのメザシでアピール抜群なんてことをやってみた。これでも釣れるには釣れるがサイズアップせずで大会終了。
「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?

「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?計測したもらった2尾は25センチと21.8センチで、合計長46.8センチ。3位入賞まで4.7センチの不足。優勝までは7.4センチも足りない。デッカいカサゴを釣るための特餌、特餌と騒いだ末の大惨敗である。桟橋で入賞者を称える拍手をして、肩を落として帰る前の抽選会。ワインセットをいただく。たらふく飲んで今日のことは忘れるようにってことやねw
「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?「カサゴ入れ食い餌はあります!!」と言いたいけれど…幻か!?



Twitter

2014年04月20日 19:26

« カージナルテトラが生きたルアーにしか見えなくて困ってる | メイン | GW伊豆釣り合宿は中止。東京湾で釣り三昧かなぁ~~~ »

最近の釣りに行った記事

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止

著者: へた釣り