オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定来季も頑張れるという手応えを掴みたいなんてことを考えてのオニカサゴおみくじ4籤目。結果は今季3度目の凶。どうにもならない。終盤に一度だけ、こりゃ中吉(40up)でしょ!!な魚信があったんだけど、なんだか変なカサゴ系の魚だった。これもオニだと言い張るのはみっともないので、凶!

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定前日からあまり釣果がパッとしないのは分かっていたが、今季のオニカサゴはこれが最後と決めているので、なんとかなるさと予約を入れる。今年に入ってからの釣行は、あまり天気に恵まれないことが多いが、この日は凪とは言わないまでも、釣りに行くのをためらうような波・風ではない。前日の時点で予約2名だったので、ゆったり釣行(当然、割り当てが多い)かなと喜んでいたが、桟橋に着いてみると、片舷4~5人。ゆったりではなくなったがオマツリを恐れないで済む釣り座の間隔。右舷の前から2番目に入れてもらう。

■水深200メートルで錘120号という筋トレ。でもユメカサゴしか釣れん!!

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定定刻通りに7時に桟橋を離れる。デカッw船長からのアナウンスは「ポイントまで1時間半ほど走ります」。いつものポイント、剣崎までなら1時間、プラス30分南下(勝山沖かな?)しての釣り開始。水深は200メートル前後のポイントを攻めていく。この日の邪道アイテムは、カツオのハラモ天日干し+御用液。紫外線に反応して光るビタミンB2効果でアピール度抜群…のはずだったのだが、魚信がない。15秒に一度底を取り直し、丁寧にタナ取りをし続けた。でも、何にも餌に触ってこない。

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定1時間ほど水深200メートルで錘120号の仕掛けを上下させ続ける筋トレに勤しむ。魚信がないのに飽きてきたので、本日の邪道第2弾。オキアミ餌を投入。針はチヌ針4号なので、何かは掛かってくれるだろというボウズのがれ作戦。10時少し前にようやく1匹目の針掛かりに成功。ほとんど抵抗らしい抵抗をせずに上がってきたのは定番ゲストのユメカサゴ。ここからまた1時間ほど筋トレ。2匹目の獲物もやっぱりユメカサゴ。11時の段階でバケツの中は小ぶりなユメカサゴが2匹だけ。
オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定

■中吉間違いない!! リリースサイズの鬼と鬼じゃない鬼の一荷(≧0≦)

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定デカッw船長の鬼学園の進級には、45センチ以上のオニカサゴを釣って単位(シール)をもらわなくてはいけない。当然、この日もあわよくば45センチ以上を釣りたいと考えていたわけだが、残り3時間になると、何でもいいから持って帰れる魚が釣れてくれ!!と祈り始める。祈りはなかなか届かない。12時少し前に本日1匹目のオニカサゴ、ただし、サイズは21センチでリリース。1時少し前に本日2匹目の、これまた20センチでリリース。そのすぐ直後にもう1匹、22センチでリリース。今日もキープできるオニカサゴはなしかな? 45センチなんて贅沢言わない。ギリギリでいいから25センチ超えてくれぇ~。底を取り直して竿を持ち上げようとした瞬間に竿先がフルルと揺れる。
オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定海底が少しずつかけ下がっていたので、竿を送って食い込むのを待つ。竿を下ろし切って、糸を出してもう少し送るべきかどうか、迷っていると竿先をガッガッと引きこむ針掛かりのシグナル。大きく竿を持ち上げて、乗った! 巻きあげ始めるといい引きこみをときどきみせる。デカッw船長がタモを持ってきてくれる。手応え的には40センチ以下ってことはないと信じていたのだが、海面に現れたのは2つの魚影。オキアミ餌の上針に赤いオニカサゴ、ハラモ餌の下針にシルエットはオニカサゴっぽいけど茶色い魚体。船長も「初めて見た」魚のようで写真を撮っていた。「フサカサゴではないか?」とのこと。上針のオニカサゴは24センチ…1センチ足りずでリリース。
オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定

オニカサゴおみくじ4籤目も凶。デカッw鬼学園は留年確定家に帰って図鑑と照らし合わせてみた。背びれの模様に特徴があるので、すぐになんて魚か特定できると考えていたのだが、カサゴ目を分類するのに体色はあてにならないってことを忘れていた。棘の数を数えた感じでは、船長に言われた通り、フサカサゴの可能性が一番高さそうだ。東京湾オニカサゴと呼ばれる、イズカサゴでもニセフサカサゴでもないようである。ということは、本日もオニカサゴのキープなしで、凶(≧0≦)



Twitter

2014年02月23日 21:06

« 明日はオニカサゴ今季最終戦。悔いがないよう自分らしくw | メイン | あまりというか全く参考にならないオニカサゴの釣り方メモ »

最近の釣りに行った記事

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目

著者: へた釣り