激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪渋かったぁああ。予選突破した人でもボウズだった人がいたくらいとにかく激渋の大会だった。へた釣りにとっては記念すべき人生初の釣り大会決勝戦。気合いと足掻く覚悟だけは無駄に充填して臨んだわけだが、お天気がよくて、運もよくて、釣りとしては×だったが、大会として○…かな?

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪ちゃんとダイワの審査員の人が受付&乗船するような大会は初めてなわけで、必要以上にビビっていた。釣り座を抽選して海に出てしまえば普段の釣りとそう変わらなかった。抽選で引き当てた釣り座は右舷の前から4番目、後ろから5番目なので胴の間。おとなりが顔なじみのH賀達人だったし、後ろはFaceBookで友達のH澤達人だったりで。釣りに関するいろんなお話を聞かせていただきながら、竹岡沖へ。8時30分にTKB決勝参加船が全船集結し、大会スタート!

■なんとか規定の3匹はそろえたが……プレッシャーに弱すぎる?

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪ポイントは集結場所の目と鼻の先で、5分後には到着し釣りスタート。いつものように宙で叩いて餌をアピールし、ゆっくりゼロテンションまで誘い下げて魚信を出すつもりだった。ここでダイワの審査員さんから「早掛け賞5名まで」というアナウンス。貰えるものは何でも欲しいへた釣りとしては目いっぱい集中したつもりだったのだが……左隣が釣れても、右隣(H賀達人)が釣れても、全く魚信が出せずに大苦戦。宙が無理ならタルマセ? と竿を送るとベラ&トラギスだらけ。

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪結局、船中5人の早掛け賞が確定した途端、へた釣りの竿にもガッガッというカワハギの魚信。プレッシャーに弱いのか? ようやく手にした1匹目は21.5センチのカワハギ。周りで釣れているカワハギのサイズが小さかったので、満足サイズではないが相対的にまずまずサイズ。ここからしばらく宙からの誘い下げで魚信を出すことに成功して、9時45分に検量規定の3枚目に到達。サイズは21.5、20、17……合計58.5センチ。次の目標は17センチを良型と入れ替えることだったのだが……。

■なんにもない、なんにもない、全くなんにもないで時間だけが…

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪その後は全くカワハギの魚信に恵まれない。へた釣りがではなく、船中全く恵まれないという状況。11時少し前にようやくオッ!という手ごたえ。竿を叩いているし、引きこみも強い、でもちょっと横に走る……カワハギかもしれないのですごく慎重にリールを巻いて取り込んだのは、これがカワハギだったらなぁ~な30センチくらいのウマヅラハギ。へた釣りに訪れたオッという瞬間はこれが最後だった。

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪11時少し過ぎに大きくポイントを移動し、本日2回目の「早掛け賞3名まで」。これがまた、船中で3名カワハギを釣り上げた直後、早掛け賞が終了したとアナウンスされた数秒後にカワハギ(ただしリリースサイズ)を釣っちゃうのであるから、プレッシャーに弱いというより運に見放されているのか? 沖上がりの13時まで、尺を1枚釣れば合計長70センチ超え! と頑張ってみたが、結局最初に釣った3枚を検量してもらって終了~! 17センチを計測してもらうことになるとは……無念だ。

■あ~あと諦めてたら船中7位の飛び賞ゲットで賞品いっぱいゲット!!

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪船は平和島のまる八の桟橋に集まって表彰式となった。6位までの入賞者が出た船やチームバトル(船ごとで検量の平均値を競う)で好成績だった船ほど桟橋近くに。へた釣りが乗ったかみやは……桟橋から遠い……デジカメで最大に望遠しても児島玲子やアングラーズアイドルのあべなぎさの顔が全く見えないほどに遠い。しかも杭が邪魔で写真も撮れない。早い話がかみやは船全体で撃沈~~~だったわけだ。優勝者は79.1センチって……どうやったらあんな激渋の中、そんなサイズがそろえられるんだろう?

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪でも、最後にいいことあった。へた釣りはかみや15人中7位。7位が飛び賞に設定されていたので、さっぱりあか~~んな釣果なのに、お土産というか賞品をたっぷり持って帰ることになった。どうやら運には見放されていなかったようだ。ダイワの偏光グラス「DN-4022H」とニットの帽子、BLACK&DECKERの車用の掃除機「サイクロン方式ダストバスターカーバック」、クノールの「サーモンとほうれん草の クリームスープパスタ」。参加賞にダイワの帽子とタオル、スノーピークスの「チェーンベルトピンオンリール」。さらにH賀達人から早掛け賞のLEDライト「OR-C32 チョイピカ」とカワハギ1枚まで頂いて、両手で持ちきれない賞品を抱えての帰り道。あれ? 大惨敗だったはずなのに、なぜかホクホクなのであった。現金なものであるw
激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪



Twitter

2012年12月16日 19:37

« 堤防釣りで「気が利いているね」と家族が喜ぶ便利な小物集 | メイン | 対カワハギの戦力を点検! 2012年もいろいろ試してみたよ »

最近の釣りに行った記事

【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ

著者: へた釣り