激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪渋かったぁああ。予選突破した人でもボウズだった人がいたくらいとにかく激渋の大会だった。へた釣りにとっては記念すべき人生初の釣り大会決勝戦。気合いと足掻く覚悟だけは無駄に充填して臨んだわけだが、お天気がよくて、運もよくて、釣りとしては×だったが、大会として○…かな?

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪ちゃんとダイワの審査員の人が受付&乗船するような大会は初めてなわけで、必要以上にビビっていた。釣り座を抽選して海に出てしまえば普段の釣りとそう変わらなかった。抽選で引き当てた釣り座は右舷の前から4番目、後ろから5番目なので胴の間。おとなりが顔なじみのH賀達人だったし、後ろはFaceBookで友達のH澤達人だったりで。釣りに関するいろんなお話を聞かせていただきながら、竹岡沖へ。8時30分にTKB決勝参加船が全船集結し、大会スタート!

■なんとか規定の3匹はそろえたが……プレッシャーに弱すぎる?

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪ポイントは集結場所の目と鼻の先で、5分後には到着し釣りスタート。いつものように宙で叩いて餌をアピールし、ゆっくりゼロテンションまで誘い下げて魚信を出すつもりだった。ここでダイワの審査員さんから「早掛け賞5名まで」というアナウンス。貰えるものは何でも欲しいへた釣りとしては目いっぱい集中したつもりだったのだが……左隣が釣れても、右隣(H賀達人)が釣れても、全く魚信が出せずに大苦戦。宙が無理ならタルマセ? と竿を送るとベラ&トラギスだらけ。

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪結局、船中5人の早掛け賞が確定した途端、へた釣りの竿にもガッガッというカワハギの魚信。プレッシャーに弱いのか? ようやく手にした1匹目は21.5センチのカワハギ。周りで釣れているカワハギのサイズが小さかったので、満足サイズではないが相対的にまずまずサイズ。ここからしばらく宙からの誘い下げで魚信を出すことに成功して、9時45分に検量規定の3枚目に到達。サイズは21.5、20、17……合計58.5センチ。次の目標は17センチを良型と入れ替えることだったのだが……。

■なんにもない、なんにもない、全くなんにもないで時間だけが…

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪その後は全くカワハギの魚信に恵まれない。へた釣りがではなく、船中全く恵まれないという状況。11時少し前にようやくオッ!という手ごたえ。竿を叩いているし、引きこみも強い、でもちょっと横に走る……カワハギかもしれないのですごく慎重にリールを巻いて取り込んだのは、これがカワハギだったらなぁ~な30センチくらいのウマヅラハギ。へた釣りに訪れたオッという瞬間はこれが最後だった。

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪11時少し過ぎに大きくポイントを移動し、本日2回目の「早掛け賞3名まで」。これがまた、船中で3名カワハギを釣り上げた直後、早掛け賞が終了したとアナウンスされた数秒後にカワハギ(ただしリリースサイズ)を釣っちゃうのであるから、プレッシャーに弱いというより運に見放されているのか? 沖上がりの13時まで、尺を1枚釣れば合計長70センチ超え! と頑張ってみたが、結局最初に釣った3枚を検量してもらって終了~! 17センチを計測してもらうことになるとは……無念だ。

■あ~あと諦めてたら船中7位の飛び賞ゲットで賞品いっぱいゲット!!

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪船は平和島のまる八の桟橋に集まって表彰式となった。6位までの入賞者が出た船やチームバトル(船ごとで検量の平均値を競う)で好成績だった船ほど桟橋近くに。へた釣りが乗ったかみやは……桟橋から遠い……デジカメで最大に望遠しても児島玲子やアングラーズアイドルのあべなぎさの顔が全く見えないほどに遠い。しかも杭が邪魔で写真も撮れない。早い話がかみやは船全体で撃沈~~~だったわけだ。優勝者は79.1センチって……どうやったらあんな激渋の中、そんなサイズがそろえられるんだろう?

激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪でも、最後にいいことあった。へた釣りはかみや15人中7位。7位が飛び賞に設定されていたので、さっぱりあか~~んな釣果なのに、お土産というか賞品をたっぷり持って帰ることになった。どうやら運には見放されていなかったようだ。ダイワの偏光グラス「DN-4022H」とニットの帽子、BLACK&DECKERの車用の掃除機「サイクロン方式ダストバスターカーバック」、クノールの「サーモンとほうれん草の クリームスープパスタ」。参加賞にダイワの帽子とタオル、スノーピークスの「チェーンベルトピンオンリール」。さらにH賀達人から早掛け賞のLEDライト「OR-C32 チョイピカ」とカワハギ1枚まで頂いて、両手で持ちきれない賞品を抱えての帰り道。あれ? 大惨敗だったはずなのに、なぜかホクホクなのであった。現金なものであるw
激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪激渋TKB43決勝戦。でも天気よし、賞品いっぱいでホクホク♪



Twitter

2012年12月16日 19:37

« 堤防釣りで「気が利いているね」と家族が喜ぶ便利な小物集 | メイン | 対カワハギの戦力を点検! 2012年もいろいろ試してみたよ »

最近の釣りに行った記事

尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね

著者: へた釣り