アキアジチャレンジ2011。繁栄丸パワー vs. へた釣りの呪い

釧路・繁栄丸_アキアジ_アオゾイアキアジチャレンジ2011の最終日は釧路・繁栄丸から人生初の船アキアジ。武美 釧路店のアキアジ大会に混ぜてもらった。船から1匹も釣ったことないのに、大会デビューなんて!?  1匹でも釣れば優勝の可能性もありという運試しなので北海道の師匠いわく「まぁ、いいんじゃないw」。

釧路・繁栄丸釧路川の啄木像前から出船する釧路・繁栄丸。4時集合、5時出船のはずなのだが、毎度のことながら釧路の釣り人は朝が早い。4時少し前に集合場所に到着すると、既に大会参加者のほとんどが到着済みで、出船は30分早まって4時半にはアキアジの有力ポイントである白糠沖に向かって走り出す。波が少々高めで曇りのち雨の予報。波は2メートル程度なので死ぬ!とはならなかったが、北海道の9月の雨は死ぬ! 体が冷えて釣りどころではない。

■へた釣りの面倒をみてくれる人が3人もいる……船アキアジ初体験

釧路・繁栄丸_北海道の師匠2号北海道の師匠は仕事で不参加だったが、「まぁ、いいんじゃないw」と無責任に送り出したわけではなく、この日の同行者(お目付け役)は北海道の師匠2号。病み上がりの復帰第1戦。ほかにも何度か釧路の沖での釣りをご一緒したことがある釣ノリノリさんが上乗りだし、J文字さんという止別海岸に一緒に行った船アキアジのベテランさんも北海道の師匠から「下手糞が乗るのでよろしくね」とお願いされていたようだ。そんなこんなで船にはへた釣りの面倒をみる人が3人もいるという恐ろしい布陣。放っておくとよほどの迷惑をかけると思われてる?

釧路・繁栄丸_アキアジ仕掛け白糠沖に着くと、仕掛け投入の合図。仕掛け類は北海道の師匠の仕掛けを一式お借りしてあり、好きなように組み合わせて使ってよいとのこと。一番下は夜光にして、太いのやら細いのやら、タコベイト付きのやらハゲ皮付きのやらを適当に見繕う。北海道の師匠2号に「手返し重視の方がいい」と言われて5本針の仕掛けを使った。船長からの指示は「50メートルでやって」「底やって」「60メートルに上げて」と言った具合に目まぐるしく出る。そのたび電動リールのカウンターを頼りにタナを変える。船長はイワシの反応を見つけてその下に仕掛けが入るように指示を出してくれているようだ。

■何も起きないアキアジ。男・繁栄はアオゾイ狙って船走らせる

釧路・繁栄丸_探検丸船からのアキアジ釣りは想像通り…想像以上にスローな釣りだった。やることは船長の指示に従って電動リールを巻いたり、落としたりするだけ。そうしていれば魚信があるかというと……ないっ!! 船に乗る前大会に参加していた繁栄丸の常連さんが言っていた言葉を思い出す。「船長は走り回るのが好きだから、アキアジなんて1時間もしたら飽きて止めるんじゃない?」 果たして、2時間ほど魚信なしの状態に男・繁栄の釣らせたい魂に火が点いた。「五目にするよ~」と言うや否や水を得た魚のようにアオゾイポイントへ一直線。

釧路・繁栄丸_アキアジ仕掛け波があるので飛沫は被るし、それに加えて雨まで降ってくるしで、東京の9月の感覚で防寒対策をしていなかったへた釣りは、この移動で全身ぐっしょり。上着が濡れただけでなく、シャツもパンツもビショビショに。雨模様の釧路の沖は気温も上がらず、寒いなんてもんじゃない。体に震えが来るほど寒い。アオゾイは最初のポイントでポツポツ。タラ、ヤナギノマイ混じりで順調に釣れるかと思われた。何といっても繁栄丸は針数アオゾイなんて当たり前、毎日毎日釣れ過ぎてブログに変化が乏しいと嘆いていた大漁確実船だ。

釧路・繁栄丸_アオゾイ一方のへた釣りはというと、船に乗ると前日まで絶好調だったのが嘘のように魚信が遠のく呪われた男。繁栄の大漁パワーとへた釣りの呪い。釧路の沖で繰り広げられたスピリチュアルな戦いは……へた釣りの呪いの勝ち。アキアジは船中0匹、魚信さえなし(繁栄丸のブログによるとバラシが1回あったそうだ)。アオゾイも最初のポイントではポツポツと拾えたが、その後はほぼ沈黙。走り回るの大好き繁栄船長は、魚信がないと移動、移動の繰り返し。移動のたびにへた釣りはぐっしょりびしょびしょ。釣船の上で「もう許してください。帰りましょうよぉ~」と考えたのは昨年の竹岡沖のカワハギ4戦目以来のこと。それでも最後まで頑張って、アオゾイ3匹、マダラ1匹、ヤナギノマイ多数ゲット。大型クーラー半分くらいの釣果なので東京湾基準で考えると大漁なんだけどね。



Twitter

2011年09月18日 23:55

« アキアジチャレンジ2011。9月の止別海岸は○○ガイだらけ!? | メイン | 釣っているのはへた釣り。でも大漁しているのは別の人動画w »

最近の釣りに行った記事

イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…
どっちつかずで狙いを絞れずアジのみで終わったアミ五目
時化後の××で八景沖アジがちょろいヤツに。半日で117匹♪
型(25up×7匹)よし、数(122匹)よしで2017イサキは最高だ♪
1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで

著者: へた釣り