東京湾の船シロギスが束釣り続出で絶好調っぽいぞ

シロギス東京湾の船シロギスの釣果が絶好調のようだ。水深20~30メートルくらいを狙う春のシロギス釣り。サイズも20センチ超が出るし、浅場を攻める夏場よりも針掛かりしやすいしで、船釣り入門にはぴったりだが、釣果を伸ばすには手返しが大事ってことを思い知らせてくれる釣り物だ。

シロギスの活性の高い日に当たれば、竿頭の人なら二束釣り(200匹超え)なんて釣果報告もある。普通の日で60~100匹、悪い日でも30~60匹あたりが、最近、東京湾奥から出船しているシロギス船の釣果。そんなに釣ってどうするの?って気がしないでもないが、釣れるものなら可能な限りたくさん釣りたいのが釣り人の心理。束釣りしている人は2本竿かなぁ? それとも1本で100匹釣ってるんだろうか?

1本は胴突き仕掛けで、5センチくらい底を切って大物狙い。もう1本はキャスティング&サビいて広範囲を探る。リレー船でしか経験がないのだが、釣れ始めると相当忙しい釣りになる。束を狙うなら、針(飲み込まれることあり)を手際よく外し、餌を素早くつけて、仕掛けを投入するという手返しの良さが必須のようだ。



Twitter

2011年04月22日 19:47

« エビメバル ~アワセても得になることはない4つの理由~ | メイン | 羽田沖で潮干狩りができるなんて……知らなかった! »

最近の気になる魚・物・話題の記事

「最強!釣りバカ対決!!」リールの持ち方を何故指導しない
釣りというより梅雨時の散歩用? 防水靴下を即決で購入
今年一番の大雨を物ともせず。中国製防水シューズいいぞ
明石からアコウ(キジハタ)船出てる? しかも今がシーズン
茨城・平潟港に行けば干物最強魚のキチジが釣れると知る
妻のそろそろ付き合ってあげても…にアカクラゲいつまで!?
カイワリ竿頭で21匹、18匹…爆発してるのに…大阪行く週!!
ダイワ「穴釣り専科」ラインは船のリーダーや仕掛けにも?
文字通り味を占めてアカムツとも考えたが明日は遠征五目
アカムツ炙り刺しと塩焼きぬむふふと変な声が漏れちゃった
垂涎ののどぐろラーメン食べた!! 上品な脂の出汁たまらん
長靴とサンダルの間用にショートレインブーツを買おうかな
貴重だから最高の状態で。アカムツは何日寝かすが正解?
白間津シマアジ…数釣りシーズンになったら再戦予定だが
G:撃沈しないW:ウィーク最終戦はかみやのLT深場五目で!!
アジ船頭10号は軽く大きさもよし。カイワリ仕掛けを改良だ
カイワリ刺しはやはり最強。霞んだ魚はゴマカルパッチョで
令和初日に釣り!! 宇佐美沖カイワリ五目で好発進を希望
まだ大丈夫だろうと唇の紫外線対策怠ったらピリピリと痛い
平成最後の釣行はマダイに色気出しつつ遠征五目で手堅く
治久丸「カイワリは2本針」は船長の希望。ウィリー封印回避
なんかマダイの釣果がすごい。長ハリスの練習に行こかな
治久丸「カイワリは2本針で…」これ、守らなきゃダメなの?
GWはカイワリ、マゴチ、夜メバルで3戦くらいはしておきたい
異次元さんでなんとかツ抜けじゃ…今年はアナゴは無理かな
GWに釣り行くなんて野暮? 混むしいい目に遭った験なし
カイメイSP 30-210はソリッド交換で8856円で修理可能だった
かみやのアナゴが今週末から。大阪行きだけど日曜夜なら
時期? サイズ? 場所? メジナのお刺身が絶品すぎる!!
針の重さを相殺するフロートビーズ…食い渋り時には必須!?
水温上がった!! でも潮大濁り…シマアジ絶賛気合空回り中
シマアジは朝一勝負。マダイやイサキの仕掛けもいるの?
釣果に「誰か釣ってください」って…シマアジ相当厳しそうだ
やらないつもりだったが一之瀬丸マゴチ童貞卒業チャンス?
アジ30匹チャレンジ失敗の反省点は大きな潮回りを避ける
一之瀬丸遠征五目は4/13~。でも…マダイ用長ハリスも?
日曜午前なら凪そうなので妻1号のアジ30匹チャレンジ再開
サンゴ堂のシマアジ天秤いいかも!! カイワリにも使える?
太巻きオキアミウィリーは作れないのでマダイ針の細巻きで
忠彦丸のLTマダイウィリーでイシダイ釣れてる…何が違う!?
釣果がほしい。午前メバル→午後アジで手堅くお魚ゲット?
うわぁぁあ、日曜風であかんやん!! 土曜に緊急プチ遠征だ
アジ釣れてる。アカクラゲ前に妻の30匹挑戦再開すべき?
海明50-240到着!! 4キロシマアジ釣れそうな気がしてきた
22日ぶりの釣り…釣れないと泣けちゃうからカイワリに行く
むしゃくしゃするのでシマアジは金に糸目を付けない方針に
釣りのこと考えたくないから寒天の産地が信州の理由調査
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛…土日仕事で2週連続釣りなし。病むぞ
4キロのシマアジってカイメイSP 30-210で揚がるもんなの?
お鍋が美味しい季節のうちにアラ・カイワリ再戦しとくべき?

著者: へた釣り